コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多賀努 たが つとむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多賀努 たが-つとむ

1819-1887 幕末-明治時代の武士,官吏。
文政2年生まれ。鳩山春子の父。信濃(しなの)(長野県)松本藩士。京都所司代の命をうけ,京都で尊攘(そんじょう)派の偵察にあたる。維新後名を渡辺幸右衛門から多賀努とあらためて官吏となり,陸前登米(とめ)県(宮城県)大参事などをつとめた。明治20年12月死去。69歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

多賀努の関連キーワード橋本宗吉東京芸術大学120周年国民之友雑誌ピッツバーグ・パイレーツ[各個指定]芸能部門おらが春カメハメハ1世アンベールブリジェンス

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone