多賀努(読み)たが つとむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多賀努 たが-つとむ

1819-1887 幕末-明治時代の武士,官吏。
文政2年生まれ。鳩山春子の父。信濃(しなの)(長野県)松本藩士。京都所司代の命をうけ,京都で尊攘(そんじょう)派の偵察にあたる。維新後名を渡辺幸右衛門から多賀努とあらためて官吏となり,陸前登米(とめ)県(宮城県)大参事などをつとめた。明治20年12月死去。69歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android