コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳩山春子 はとやま はるこ

3件 の用語解説(鳩山春子の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鳩山春子

女子教育者。鳩山和夫の妻。長野県生。東京女子師範(お茶の水女子大)卒。明治14年東京女子師範教師となり鳩山和夫と結婚。同19年共立女子職業学校(共立女子大)を創立、大正11年同校六代目校長となる。著書に『自叙伝』がある。昭和13年(1938)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳩山春子 はとやま-はるこ

1861-1938 明治-昭和時代前期の教育者。
文久元年3月23日生まれ。鳩山和夫と結婚。明治19年共立女子職業学校(現共立女子学園)を創立,大正11年校長となる。昭和3年共立女子専門学校,11年共立高等女学校を設立。長男一郎は首相,次男秀夫は東京帝大教授。昭和13年7月12日死去。78歳。信濃(しなの)(長野県)出身。東京女子師範(現お茶の水女子大)卒。著作に「婦人の修養」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

はとやまはるこ【鳩山春子】

1863~1938) 明治・大正・昭和期の教育者。長野県生まれ。東京女子師範卒。和夫の妻。1886年(明治19)共立女子職業学校(現共立女子大学)を創立し、女子教育に尽力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳩山春子の関連キーワード鴻雪年恩田重信風間日法木村剛石河野秀男瀬川章友高橋真八千葉掬香西田敬止真野文二

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone