多賀谷弁吾(読み)たがや べんご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多賀谷弁吾 たがや-べんご

1783-1841 江戸時代後期の事業家。
天明3年生まれ。家業の製網業をつぐ。父にしたがって淡路(あわじ)(兵庫県)にいき,高田屋嘉兵衛を知る。のち嘉兵衛が蝦夷(えぞ)地に進出したとき漁網を売って成功。郷里安芸(あき)広村(広島県呉市)に製網を普及させ,販路を各地にひろげ「安芸の網売り弁吾」と称された。天保(てんぽう)12年死去。59歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android