コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多賀谷弁吾 たがや べんご

1件 の用語解説(多賀谷弁吾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多賀谷弁吾 たがや-べんご

1783-1841 江戸時代後期の事業家。
天明3年生まれ。家業の製網業をつぐ。父にしたがって淡路(あわじ)(兵庫県)にいき,高田屋嘉兵衛を知る。のち嘉兵衛が蝦夷(えぞ)地に進出したとき漁網を売って成功。郷里安芸(あき)広村(広島県呉市)に製網を普及させ,販路を各地にひろげ「安芸の網売り弁吾」と称された。天保(てんぽう)12年死去。59歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

多賀谷弁吾の関連キーワード天明の飢饉天保の改革桂川甫三木室卯雲真如海唐来参和ボリーバル鎌原村遺跡児童文学森田勘弥

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone