コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多賀谷氏 たがやうじ

世界大百科事典 第2版の解説

たがやうじ【多賀谷氏】

武蔵出身の中・近世武家。武蔵七党の野与党の有賀平太郎頼基の子光基が,武蔵国埼玉郡多賀谷に住して,多賀谷二郎を称したのに始まるという。また同じく村山党の金子十郎家忠の子家政に始まるとも伝える。鎌倉幕府御家人となり,室町・戦国時代には下総結城氏の家人となった。氏家は結城合戦後に主君結城成朝を助けて同氏再興に大功あり,常陸下妻城に拠った。その子孫は結城氏の重臣として重きをなし,政経のときには北条氏の進出に対抗するため,常陸太田城の佐竹義重と結んで,1576年(天正4)北条氏政の兵を破った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の多賀谷氏の言及

【下妻[市]】より

…1340年(興国1∥暦応3)下妻政泰は北畠親房に応じて大宝城に拠って戦ったが,43年落城して戦死した。戦国期から多賀谷氏の城下で,織豊期重経の代に6万石の城下町として整備されたが,1601年(慶長6)改易となった。その後05~09年徳川頼房10万石,15年(元和1)松平忠昌3万石,16年松平(久松)定綱3万石と領主は変わり,19年廃藩。…

※「多賀谷氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多賀谷氏の関連キーワード檜山(秋田県)多賀谷重経多賀谷氏家多賀谷尊経小田城跡渡部斧松独峰存雄新井白石逆井城檜山城下妻藩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android