コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多賀谷氏 たがやうじ

1件 の用語解説(多賀谷氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たがやうじ【多賀谷氏】

武蔵出身の中・近世武家。武蔵七党の野与党の有賀平太郎頼基の子光基が,武蔵国埼玉郡多賀谷に住して,多賀谷二郎を称したのに始まるという。また同じく村山党の金子十郎家忠の子家政に始まるとも伝える。鎌倉幕府御家人となり,室町・戦国時代には下総結城氏の家人となった。氏家は結城合戦後に主君結城成朝を助けて同氏再興に大功あり,常陸下妻城に拠った。その子孫は結城氏の重臣として重きをなし,政経のときには北条氏の進出に対抗するため,常陸太田城の佐竹義重と結んで,1576年(天正4)北条氏政の兵を破った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の多賀谷氏の言及

【下妻[市]】より

…1340年(興国1∥暦応3)下妻政泰は北畠親房に応じて大宝城に拠って戦ったが,43年落城して戦死した。戦国期から多賀谷氏の城下で,織豊期重経の代に6万石の城下町として整備されたが,1601年(慶長6)改易となった。その後05~09年徳川頼房10万石,15年(元和1)松平忠昌3万石,16年松平(久松)定綱3万石と領主は変わり,19年廃藩。…

※「多賀谷氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

多賀谷氏の関連キーワード勅使河原直重武蔵七党白旗一揆武蔵村山武蔵野陵久下直光成尋(2)中条家長奈良高家人見恩阿

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone