コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氏家 うじいえ

3件 の用語解説(氏家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氏家
うじいえ

栃木県中東部,さくら市南西部の旧町域。喜連川丘陵から鬼怒川左岸の平地にある。 1891年町制。 2005年喜連川町と合体してさくら市となった。中心集落の氏家は古代より宿駅として発達。近世奥州街道と会津中街道の分岐する宿場町で,鬼怒川の河港が開かれ,市場町として発展。明治以降,わら切り機などの農機具製造で知られたが,1955年以降本格的な工場進出が始まり,醸造,肥料,工芸ガラス,靴,コンクリート製品などの工業も立地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

氏家
うじいえ

栃木県中央部から北西部、塩谷(しおや)郡にあった旧町名(氏家町(まち))。現在はさくら市の南西部を占める一地区。旧氏家町は、1889年(明治22)町制施行。1959年(昭和34)高根沢(たかねざわ)町上阿久津(かみあくつ)を編入しているが、上阿久津は鬼怒(きぬ)川東岸に位置し、江戸時代、鬼怒川遡航(そこう)終点河岸(かし)として栄えた所である。2005年(平成17)喜連川(きつれがわ)町と合併し、市制施行してさくら市となる。中心集落氏家は、中世末以来、奥州街道、会津中街道の宿場町として、また周辺地域に対する市場町として発展してきたが、氏家の中心は東北本線氏家駅開設後北へ移動した。現在、JR東北本線(宇都宮線)のほか、国道4号、293号が通じている。地域の西縁を鬼怒川が南流し、北縁を那珂(なか)川の一支流荒川が東流する。その間から五行(ごぎょう)川が発しており、ほとんどが低平な水田一毛作地帯となっている。この水田地帯には、1656年(明暦2)に開削された市ノ堀(いちのほり)用水などの用水路の設置によって開発された新田集落が多い。近年では野菜栽培や畜産などが取り入れられている。鋸(のこぎり)のコレクションで名高い「さくら市ミュージアム」や勝山城跡がある。[櫻井明久]
『中津原直一著『氏家町年表』(1966・氏家町文化財保護委員会) ▽『氏家町史』全3巻(1983~1989・氏家町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

氏家の関連情報