コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氏家 うじいえ

3件 の用語解説(氏家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氏家
うじいえ

栃木県中東部,さくら市南西部の旧町域。喜連川丘陵から鬼怒川左岸の平地にある。 1891年町制。 2005年喜連川町と合体してさくら市となった。中心集落の氏家は古代より宿駅として発達。近世奥州街道と会津中街道の分岐する宿場町で,鬼怒川の河港が開かれ,市場町として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

氏家
うじいえ

栃木県中央部から北西部、塩谷(しおや)郡にあった旧町名(氏家町(まち))。現在はさくら市の南西部を占める一地区。旧氏家町は、1889年(明治22)町制施行。1959年(昭和34)高根沢(たかねざわ)町上阿久津(かみあくつ)を編入しているが、上阿久津は鬼怒(きぬ)川東岸に位置し、江戸時代、鬼怒川遡航(そこう)終点河岸(かし)として栄えた所である。2005年(平成17)喜連川(きつれがわ)町と合併し、市制施行してさくら市となる。中心集落氏家は、中世末以来、奥州街道、会津中街道の宿場町として、また周辺地域に対する市場町として発展してきたが、氏家の中心は東北本線氏家駅開設後北へ移動した。現在、JR東北本線(宇都宮線)のほか、国道4号、293号が通じている。地域の西縁を鬼怒川が南流し、北縁を那珂(なか)川の一支流荒川が東流する。その間から五行(ごぎょう)川が発しており、ほとんどが低平な水田一毛作地帯となっている。この水田地帯には、1656年(明暦2)に開削された市ノ堀(いちのほり)用水などの用水路の設置によって開発された新田集落が多い。近年では野菜栽培や畜産などが取り入れられている。鋸(のこぎり)のコレクションで名高い「さくら市ミュージアム」や勝山城跡がある。[櫻井明久]
『中津原直一著『氏家町年表』(1966・氏家町文化財保護委員会) ▽『氏家町史』全3巻(1983~1989・氏家町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

氏家の関連キーワード栃木県さくら市上野栃木県さくら市小入栃木県さくら市金枝栃木県さくら市上阿久津栃木県さくら市桜ヶ丘栃木県さくら市櫻野栃木県さくら市狹間田栃木県さくら市馬場栃木県さくら市穂積栃木県さくら市南和田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

氏家の関連情報