コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多項制 たこうせいmultiple-claim system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多項制
たこうせい
multiple-claim system

特許請求の範囲複数請求項 (クレーム) を記載できる制度。日本は特許制度創設の際には先進国の法制にならってこの制度をとったが,大正 10年特許法制定のときに,特許請求の範囲は1項に記載しなければならないとするいわゆる単項制を採用し,これが現行の昭和 34年特許法制定ののちも慣行として行われていた。諸外国と慣行が異なることに対する批判が高まったため,1975年には特許請求の範囲に必須要件項と実施態様項の記載を許す改正がなされたが,87年の法改正にいたり,一定の関係にある複数の発明を複数の請求項に分けて特許請求の範囲に記載することを一般的に認める本格的な多項制が実現した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android