夜の御座(読み)ヨルノオマシ

精選版 日本国語大辞典の解説

よる【夜】 の 御座(おまし)

① 天皇や貴人の御寝所。帳台をさすといわれる。
※伊勢物語(10C前)七八「みこよろこびたまふて、よるのおましのまうけさせ給ふ」
② 貴人の夜具の異称。
※随筆・貞丈雑記(1784頃)三「夜のしとねをば公家にてはよるのおましとも御すべりとも被申由也」

よ【夜】 の 御座(おまし)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる