夜の御殿(読み)ヨルノオトド

デジタル大辞泉の解説

よる‐の‐おとど【夜の殿】

清涼殿内の天皇の御寝所。朝餉(あさがれい)の間の東隣にある。よるのおまし。よんのおとど。
中宮あるいは東宮の御寝所。また、貴人の寝所。
「日一日下に居くらして…、―に入らせ給ひにけり」〈・八二〉

よん‐の‐おとど【夜の殿】

よるのおとど」の音変化。
「―に入らせ給ひても」〈太平記・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

よる【夜】 の 御殿(おとど)

① 清涼殿内の天皇の御寝所。よるの御座(おまし)。よんのおとど。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「よるのおとどに入らせ給ひても、まどろませ給ふことかたし」
② 中宮あるいは東宮御所の御寝所。また、貴人の寝所もいう。
※枕(10C終)八二「日一日下に居くらして、まゐりたれば、よるのおとどに入らせ給ひにけり」

よ【夜】 の 御殿(おとど)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報