コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帳台/帳代 チョウダイ

5件 の用語解説(帳台/帳代の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐だい〔チヤウ‐〕【帳台/帳代】

寝殿造りの母屋内に設けられる調度の一。浜床(はまゆか)という正方形の台の上に畳を敷き、四隅に柱を立てて帳(とばり)を垂らしたもの。貴人の寝所または座所とした。御帳台(みちょうだい)。帳。
塗り籠(ごめ)納戸の類。
帳台の試み」の略。
主人の居間・寝間にあてる室。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうだい【帳台】

古代に貴族の住宅で使われた組立式の寝室。個室のようにも使われた。正しくは斗帳(とちよう)という。寝殿造の建物で使われた帳台は,方1丈,高さ1~2尺くらいの台(これが斗帳の台,つまり本来の帳台で,浜床(はまゆか)ともいう)の上に,柱高約7尺の骨組みを立て,天井をのせる。天井は格子状の両面に白絹を張った明障子あかりしようじ)で,この四周に,冬は平絹,夏は生絹(すずし)製の帳帷(ちようかたびら)をかける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょうだい【帳台】

寝殿造りの建物内に設けられる調度。一段高く作られている浜床に畳を敷き、四隅に柱を立て四方に帳をめぐらす。貴人の寝所として用いられるもの。
塗籠ぬりごめ・納戸なんどの類。
「帳台の試み」の略。 「 -の夜/枕草子 92

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ちょうだい【帳台】

古代の貴族住宅で使われた組み立て式の調度で、縦横2m程度の台の上に、高さ2m強の木の骨組みを作り、周囲に布を張り巡らせて畳を敷き、中を寝所としたもの。昼間は座所としても用いた。寝殿造りをはじめとする古代の貴族住宅には間仕切りがなく、風を防ぎ人目を隔てるために用いられたが、鎌倉時代に部屋の間仕切りができて、寝室が生まれ、帳台は寝室を意味するようになる。また、民家では寝間や納戸をいった。◇「浜台」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帳台
ちょうだい

寝殿の母屋(もや)内で、風を避け寒さを防ぐため、四方に帳(とばり)を巡らし、このなかで座ったり寝たりする屏障具(へいしょうぐ)を兼ねた座臥具(ざがぐ)。御帳台(みちょうだい)、斗帳、ただ帳ともいう。構造は、土居(つちい)というL字形の台に六尺七寸(約200センチメートル)の柱3本を立て四隅に置き、その間を横木の鴨居(かもい)で渡し、上面に枠組みの明(あか)り障子をのせ、四方に帳を八枚垂らし、上部に帽額(もこう)を巡らしている。帳は、夏は生絹(すずし)に花鳥、冬は練(ね)り絹に朽木形を描いている。帳の紐(ひも)は、黒と紅とを中央で縫い合わせたもので、帳を巻き上げてくくる。巻き上げるときは、木端(こはし)という木の細い板を入れている。帳台内部には、板床の上に土敷(つちしき)という繧繝縁(うんげんべり)の畳二畳を敷くが、皇后の住む常寧殿(じょうねいでん)に置く帳台では、浜床(はまゆか)といって、高さ九寸(約27センチメートル)、幅八尺六寸(約260センチメートル)四方の黒漆塗りの台を畳の下に置く。畳の上に同じ畳を一枚置く。さらに表莚(うわむしろ)という綾地(あやじ)に錦(にしき)の縁(へり)をつけた敷物、さらに五色に染めた藺(い)製の花莚の竜鬢(りゅうびん)を敷き、茵(しとね)を重ね、沈(じん)木でつくった枕(まくら)などが置かれている。前方の柱左右に、湿けを避く呪(まじな)いとして、沈か桑でつくった御角(みつの)を1個ずつかける。元来は犀(さい)の角で、手に入りにくいので木製の模造品となった。また後方の柱に魔除(まよ)けの意味の八稜(はちりょう)鏡を一面ずつかける。天皇・皇后の御帳台に限って、右に黄色の口を開く獅子(しし)、左に白色の角があり口を閉じた狛犬(こまいぬ)を置くが、これは、帳が風に吹かれるのを防ぐ重石(おもし)(鎮子)で、守護の威の役目をもつようになる。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の帳台/帳代の言及

【寝室】より

…アイヌの住居では炉端の席が決まっており,各人の後ろの空間が寝場所になっていたので,おそらくそのような使われ方をしたのであろう。平安時代には上層の公家は寝殿内に御帳(帳台)という寝台を置いた。畳2枚ほどの台の上に4本の柱を立て,天井を張り,四方に帳を垂らしたもので,台の上に畳を置き,茵(しとね)を重ね,衾(ふすま)を掛けて就寝した。…

【寝殿造】より

…そして日常生活に必要な樋殿(ひどの)(便所)や湯殿(浴室)などの設備もそれぞれ別個に設けられ,食事さえ別々に行われた。寝殿の内部(母屋)には塗籠(ぬりごめ)と呼ばれる寝室のみが部屋として間仕切られていたが,これもしだいに形骸化し,寝殿の中央近くに置かれた帳台が寝所となった。帳台の近くには畳を敷き,上に茵(しとね)を置いて昼の居所とし,その周囲には厨子棚や二階棚を置いて日用品を収納した。…

【寝間】より

…当時の〈ねま〉がこのような形状になった理由ははっきりしない。飛驒の白川郷や八丈島に〈ちょうだ〉の語が残っているのをみると,平安時代の伝統を受け継いでいるようにみえるが,平安時代の帳台(ちようだい)は周囲に帳を垂れた部屋であり,民家の寝間は《春日権現験記》に描かれた納戸の形式に類似している。納戸は本来は貴重品を収めておく所であるが,納戸が寝室として使われた事例が室町時代後期から散見するようになるので,おそらく戦国時代の不穏な世相が納戸を寝間にする習慣を作りだしたものと考えられ,寝間という機能の一致から〈ちょうだ〉という言葉が当てられたと考えられる。…

※「帳台/帳代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

帳台/帳代の関連キーワード寝ぬチェリー寝・寐花菱座棺直ぐにそべ・る陸陸立ち技

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone