コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜鶴 ヤカク

デジタル大辞泉の解説

や‐かく【夜鶴】

白居易「五弦弾」の「夜鶴子を憶い籠中に鳴く」から》夜、巣の中で子をはぐくむツル。転じて、母性愛の深いことのたとえ。よるのつる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やかく【夜鶴】

夜巣ごもりしている鶴。また、夜鳴く鶴。
〔白居易「五絃弾」による〕 親の愛情の深いたとえ。夜の鶴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

夜鶴の関連キーワード大薩摩主膳太夫(2代)吾妻路富士太夫世尊寺伊行藤原伊行文房四宝入木道夜の鶴古筆