大スンダ列島(読み)ダイスンダレットウ

大辞林 第三版の解説

だいスンダれっとう【大スンダ列島】

スンダ列島の西半分を占めるスマトラ・ジャワ・カリマンタン・スラウェシの四大島、およびその属島の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大スンダ列島
だいすんだれっとう
Greater Sunda Islands

インドネシア、スンダ列島西半部の列島。スマトラ島ジャワ島ボルネオ島スラウェシ島およびその付属島からなる。面積133万4000平方キロメートル。アルプス造山帯に属するスマトラ、ジャワ両島と、環太平洋造山帯に属するスラウェシ島には多数の火山がそびえる。これらに対してスンダ海棚(かいほう)上のボルネオ島は、地盤の安定した島で、新期の火山は存在しない。農産物、林産物、地下資源などに富む。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐スンダれっとう ‥スンダレッタウ【大スンダ列島】

(スンダはSunda) インドネシア、スンダ列島の西半部の島々。ジャワ、スマトラの二大島とその属島からなる。広くはボルネオ、スラウェシ(セレベス)などの島を含む。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android