コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環太平洋造山帯 かんたいへいようぞうざんたい circum-Pacific orogenic belt

3件 の用語解説(環太平洋造山帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環太平洋造山帯
かんたいへいようぞうざんたい
circum-Pacific orogenic belt

太平洋を取り囲むように,アジアオーストラリア北アメリカ南アメリカ太平洋岸および太平洋の深海の間に延びる新期造山帯。その大地形的性質は東側(南北アメリカ大陸)と西側(カムチャツカ半島からニュージーランド)では異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんたいへいようぞうざんたい【環太平洋造山帯】

太平洋を取り巻く,中生代以後に発達した造山帯。アンデス・ロッキー両山脈,アリューシャン・日本・フィリピン・ニューギニア・ニュージーランドなどの諸島から成る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

環太平洋造山帯
かんたいへいようぞうざんたい

太平洋を取り巻くアリューシャン列島日本列島フィリピンニューギニアトンガなどの弧状列島および北米西部の山脈群、南米アンデス山脈など大陸縁のコルディエラ型山系などを形づくる造山帯。これらの列島や山脈、山系には、活発な地震・火山活動がみられる。また、新生代古第三紀以降の若い時代に激しい地殻変動もあった。プレートテクトニクスによれば、こうした現象は、太平洋に存在する太平洋プレートフィリピン海プレート、ナスカプレート、ココスプレート、フアン・デ・フカプレートなどの海洋プレートが、それぞれの山脈や列島のある大陸プレートの下に沈み込んでいることが原因とされている。現在活動中の造山帯といえる。[岩松 暉・村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

環太平洋造山帯の関連キーワードアジア太平洋協議会オープンカフェアジア太平洋経済社会委員会立命館アジア太平洋大学アジア太平洋戦争環太平洋取り囲む・取囲むミエリン鞘アジア・太平洋戦争

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone