コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冬祭 ふゆまつり

世界大百科事典 第2版の解説

ふゆまつり【冬祭】

立冬から立春までの11月初旬から2月初旬までおもに11,12,1月に行われる神事祭礼をいう。祭りは本来季節を先導すべき行事であるから,実際の季節感覚に先行する。古代律令制下の神祇官所祭の四時祭では仲冬つまり旧11月の相嘗祭(あいなめまつり)と鎮魂(たましずめ)(鎮魂祭(ちんこんさい))と新嘗祭(にいなめさい)の三祭,季冬つまり旧12月の月次(つきなみ),鎮火(ほしずめ)(鎮火祭(ちんかさい)),道饗(みちあえ)の三祭が冬祭にあたる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冬祭
ふゆまつり

冬季の祭り。わが国の祭りは、水田稲作農業の予祝と感謝の意味をもつ春祭と秋祭を基本としている。これとは別に、除疫祈願を特徴とする都会的な夏祭の存在も大きいが、とりたてて冬祭とよぶものはない。しいていえば、天竜川奥地の山間部で行われる花祭など、冬期間に各地で行われる祭りの総称ということになろう。この意味の冬祭は、冬の初めに行われるものは収穫感謝祭的であり、春に近づいたころのものは予祝祈年祭的であって、性格的には秋・春の祭りと共通する点が少なくない。折口信夫(おりくちしのぶ)によれば、暦の影響で春夏秋冬が等分される以前には、秋冬春の祭りは一続きのものであったという。「ふゆ」という語は、元来、魂を身に触れる、密着させる意であって、刈り上げが済んだ夜、お礼に神を饗応(きょうおう)する「あき」祭に続いて、夜半には新しい魂がその所の主のもとにきたって密着し、魂の更新が図られる。これが「ふゆ」祭の信仰の根本義で、明けると「はる」になると考えられていたのだという。古代の新嘗(にいなめ)の祭りを念頭に置いての説であろうが、現行の冬祭を考える場合にも示唆的である。[田中宣一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の冬祭の言及

【民俗芸能】より

…祭場の中央で煮立てた湯を神に献じ,神の息吹きのかかったその湯をまわりの人々に浴びせることで魂の再生をはかろうとする。これも鎮魂の意義をもつ神楽で,巫者が採物で神を迎え,のちに仮面の神役が出て鎮魂の所作を行う形が愛知県の花祭や,長野県の遠山祭,冬祭などにみられる(霜月神楽)。また獅子頭(ししがしら)を御神体と仰ぎ,それを捧げて人家を訪ね,悪魔払いの祈禱舞を演じる風が,東北の山伏神楽や番楽,関東・関西の太神楽などにある。…

※「冬祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

冬祭の関連キーワード神楽(歌舞)湯立て神楽天竜[村]霜月神楽都農神社伊勢神楽湯立神楽民俗芸能青島神社伊那谷収穫祭天龍村霜月祭遠山祭立冬神楽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android