大中恩(読み)おおなか めぐみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大中恩 おおなか-めぐみ

1924- 昭和後期-平成時代の作曲家。
大正13年7月24日生まれ。大中寅二の子。信時潔(のぶとき-きよし),橋本国彦らに師事,アマチュア合唱団コール・メグ,のちPetit(プティ)を主宰し,合唱曲わたしの動物園」「島よ」などを作曲。昭和31年中田喜直(よしなお)らとろばの会を結成。「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」などの童謡やミュージカルの作品もある。土田藍の筆名で作詞もおこなう。平成16年童謡文化賞,18年にっけん小野童謡文化賞を受賞。東京出身。東京音楽学校(現東京芸大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大中恩の関連情報