コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大中寅二 おおなか とらじ

2件 の用語解説(大中寅二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大中寅二 おおなか-とらじ

1896-1982 昭和時代の作曲家。
明治29年6月29日生まれ。山田耕筰(こうさく)に師事し,大正14年ドイツに留学。東京霊南坂教会のオルガン奏者をながくつとめ,カンタータやオルガン曲などの宗教音楽をおおく作曲した。島崎藤村の詩による「椰子(やし)の実」は有名。昭和57年4月19日死去。85歳。東京出身。同志社大経済学部卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大中寅二
おおなかとらじ
(1896―1982)

作曲家。東京生まれ。山田耕筰(こうさく)に師事。1925~26年(大正14~15)ドイツに留学、ウォルフに学ぶ。長年にわたって霊南坂教会のオルガン奏者およびクワイアマスターを務める。『主よわれをあわれみたまえ』(1963)など20を超えるカンタータや、オルガン曲『小さな序章と前奏曲・K1001』(1969)など、宗教音楽の分野に多くの作品を残した。また歌曲も多く、とくに島崎藤村の詩による『椰子(やし)の実』(1936)は有名である。息子に作曲家の大中恩(めぐみ)がいる。[船山 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大中寅二の関連キーワード野ばと阿部武雄大木正夫清瀬保二佐藤勝船村徹松島彜梁田貞米山正夫ヴォルフ=フェラーリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大中寅二の関連情報