コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大中寅二 おおなか とらじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大中寅二 おおなか-とらじ

1896-1982 昭和時代の作曲家。
明治29年6月29日生まれ。山田耕筰(こうさく)に師事し,大正14年ドイツに留学。東京霊南坂教会のオルガン奏者をながくつとめ,カンタータやオルガン曲などの宗教音楽をおおく作曲した。島崎藤村の詩による「椰子(やし)の実」は有名。昭和57年4月19日死去。85歳。東京出身。同志社大経済学部卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大中寅二
おおなかとらじ
(1896―1982)

作曲家。東京生まれ。山田耕筰(こうさく)に師事。1925~26年(大正14~15)ドイツに留学、ウォルフに学ぶ。長年にわたって霊南坂教会のオルガン奏者およびクワイアマスターを務める。『主よわれをあわれみたまえ』(1963)など20を超えるカンタータや、オルガン曲『小さな序章と前奏曲・K1001』(1969)など、宗教音楽の分野に多くの作品を残した。また歌曲も多く、とくに島崎藤村の詩による『椰子(やし)の実』(1936)は有名である。息子に作曲家の大中恩(めぐみ)がいる。[船山 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大中寅二の関連キーワード椰子の実昭和時代大中恩船山

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大中寅二の関連情報