コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大中臣有本 おおなかとみの ありもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大中臣有本 おおなかとみの-ありもと

?-894 平安時代前期の神職。
大中臣雄良の子。神祇(じんぎ)官に勤務。貞観(じょうがん)9年止雨祈願のため山城(京都府)の稲荷社に派遣される。12年山城の平野社にこの年発行された銅銭貞観永宝を奉納,14年伊勢神宮祭主となる。元慶(がんぎょう)4年大極殿(だいごくでん)完成を稲荷社に報告。寛平(かんぴょう)6年2月死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大中臣有本の関連キーワードグィード2世スワトプルク遣唐使神留るOpenSSL遣唐使言霊の幸ふ国幸ふ縁結びist菅原道真

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone