コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大中臣有本 おおなかとみの ありもと

1件 の用語解説(大中臣有本の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大中臣有本 おおなかとみの-ありもと

?-894 平安時代前期の神職。
大中臣雄良の子。神祇(じんぎ)官に勤務。貞観(じょうがん)9年止雨祈願のため山城(京都府)の稲荷社に派遣される。12年山城の平野社にこの年発行された銅銭貞観永宝を奉納,14年伊勢神宮祭主となる。元慶(がんぎょう)4年大極殿(だいごくでん)完成を稲荷社に報告。寛平(かんぴょう)6年2月死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大中臣有本の関連キーワード大中臣泰清大中臣伊度人大中臣国雄大中臣親隆大中臣常道大中臣豊雄大中臣淵魚大中臣安子大中臣頼基中臣豊子

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone