コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大中臣有本 おおなかとみの ありもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大中臣有本 おおなかとみの-ありもと

?-894 平安時代前期の神職。
大中臣雄良の子。神祇(じんぎ)官に勤務。貞観(じょうがん)9年止雨祈願のため山城(京都府)の稲荷社に派遣される。12年山城の平野社にこの年発行された銅銭貞観永宝を奉納,14年伊勢神宮祭主となる。元慶(がんぎょう)4年大極殿(だいごくでん)完成を稲荷社に報告。寛平(かんぴょう)6年2月死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大中臣有本の関連キーワードグィード2世スワトプルク遣唐使OpenSSL縁結びist小野道風経世大典遣唐使菅原道真遣唐使

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android