コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経世大典 けいせいたいてんJing-shi-da-dian; Ching-shih-ta-tien

4件 の用語解説(経世大典の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経世大典
けいせいたいてん
Jing-shi-da-dian; Ching-shih-ta-tien

中国,元朝の制度を記した勅撰の類書。 894巻。至順2 (1331) 年完成。その編目は,君事 (帝号,帝訓,帝制,帝系) ,臣事 (治典,賦典,礼典,政典,憲典,工典) の2群 10編に分れ,後群は『元史』の志類の基本資料となった。『経世大典』は,明の中期以後散逸し,現在はその各編の序録が『元文類』に収録されるほか,『永楽大典』作成に利用されたジャムチ (站赤) の項など一部が残存するのみ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けいせいたいてん【経世大典】

中国の類書。894巻。の文宗の勅命により、奎章閣(けいしょうかく)学士院編。1329~1331年成立。元代の典故や制度に関する公文書を10編に分けて収録したもの。代に散逸し、一部が「永楽大典」に引用されて残存。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいせいたいてん【経世大典】

中国、元代の典故・制度に関する勅撰の公文書集。八九四巻。虞集らの撰。1331年完成。ほとんど散逸し、一部分が「永楽大典」に残る。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経世大典
けいせいたいてん

中国、元(げん)朝の典故、制度を、官庁文書や記録をもとに編纂(へんさん)したもの。元代の趙世延(ちょうせいえん)、虞集(ぐしゅう)などの撰(せん)で、1331年に成り、『元史』の志類の基礎資料である。明(みん)代中期以降に本書は散佚(さんいつ)し、現在は虞集の撰した『国朝文類』に各編の序録が、また『永楽大典』に引用された「站赤(ジャムチ)」(駅伝)や「大元馬政記」など、一部が残っているにすぎない。[松田孝一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone