コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大中臣能隆 おおなかとみの よしたか

1件 の用語解説(大中臣能隆の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大中臣能隆 おおなかとみの-よしたか

1146-1234 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう),神職。
久安2年生まれ。大中臣親隆(ちかたか)の次男。文治(ぶんじ)元年(1185)伊勢神宮祭主となり,建久元年神祇大副(じんぎのたいふ)に任じられた。一時祭主をしりぞくが,貞応(じょうおう)元年再任される。寛喜(かんぎ)2年病気のため祭主を子の隆通にゆずり,のち出家した。従二位。天福(てんぷく)2年4月4日死去。89歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大中臣能隆の関連キーワード天福文暦猛安・謀克東日本大震災による被害と復興の現状オットー八条院源為義玄証下毛野武正能阿弥

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone