コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大中臣隆通 おおなかとみの たかみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大中臣隆通 おおなかとみの-たかみち

1208-1249 鎌倉時代の公卿(くぎょう),神職。
承元(じょうげん)2年生まれ。大中臣能隆(よしたか)の7男。嘉禄(かろく)3年造豊受大神宮使となる。貞応(じょうおう)3年神祇権大副(じんぎのごんのたいふ)となり,寛喜(かんぎ)2年伊勢神宮祭主に任じられて18年間つとめた。寛元4年従二位。建長元年8月30日死去。42歳。法名は阿蓮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android