海住山寺(読み)かいじゅうせんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海住山寺
かいじゅうせんじ

京都府南端部,木津川市にある真言宗智山派の寺。奈良時代の創建。保延3 (1137) 年火災にあい,鎌倉時代法相宗の僧貞慶により再興された。五重塔建保2 (1214) 年造立,吹き抜きの裳階 (もこし) をもつ他に例のない構造の塔で,内部の装飾が美しく,国宝に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいじゅうせん‐じ〔カイヂユウセン‐〕【海住山寺】

京都府木津川市加茂町例幣(れいへい)にある真言宗智山派の寺。山号補陀落山(ふだらくさん)。天平7年(735)聖武(しょうむ)天皇勅願により、良弁(ろうべん)建立と伝える。承元2年(1208)貞慶(じょうけい)中興。建保2年(1214)建立の五重塔は国宝。文殊堂・十一面観音像・海住山寺文書などは重文。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かいじゅせんじ【海住山寺】

京都府相楽郡加茂町にあり,恭仁京(くにきよう)跡を見下ろす山上に位置する真言宗智山派の寺。補陀落山と号する。開創は735年(天平7)東大寺良弁と伝える。1207年(承元1)解脱坊貞慶が笠置から移り中興した。現存する五重塔(国宝)は,14年(建保2)に塔内に仏舎利を安置した記録があるので,このころに完成したものとみられる。裳階(もこし)付きの小さな五重塔で,内部の彩色が美しい。その傍らの文殊堂は鎌倉時代中ごろの建立とみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいじゅうせんじ【海住山寺】

京都府木津川市加茂町、海住山中腹にある真言宗の寺。735年聖武天皇の勅願で良弁ろうべんが開創し、藤尾山観音寺と号した。のちに焼失したが、1208年貞慶じようけいが再興して、現名に改称。木造の十一面観音立像と五重塔・文殊堂は国宝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海住山寺
かいじゅうせんじ

京都府木津川(きづがわ)市加茂町例幣(かもちょうれいへい)にある寺。真言宗智山(ちさん)派に属する。山号は補陀落山(ふだらくさん)。聖武(しょうむ)天皇の勅願寺で、735年(天平7)良弁(ろうべん)の創建と伝えられ、1137年(保延3)焼失したのを貞慶(じょうけい)が再興したので、彼を中興の祖と仰ぐ。その高弟覚真(かくしん)の時代に寺領、諸伽藍(がらん)も整い、寺運は隆盛に達したが、いまもなお古木に囲まれた山中にあり、巨刹(きょさつ)のおもかげが残る。境内には1214年(建保2)に建立された五重塔(国宝)をはじめ、文殊(もんじゅ)堂(国重要文化財)、本堂、薬師(やくし)堂などがあり、また本尊十一面観音(国重要文化財)、毘沙門天(びしゃもんてん)など多くの寺宝を蔵している。[眞柴弘宗]
『工藤圭章著『海住山寺』(1968・中央公論美術出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かいじゅうせん‐じ カイヂュウセン‥【海住山寺】

京都府相楽郡加茂町にある真言宗智山派の寺。山号は補陀落山。天平七年(七三五)聖武天皇の勅令により良弁(ろうべん)が開基し、観音寺と称した。承元元年(一二〇七)貞慶(解脱上人)が中興し、現名に改称。本尊は十一面観音。鎌倉時代造立の五重塔は国宝に指定されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android