大中臣頼基(読み)おおなかとみの よりもと

  • 大中臣頼基 おおなかとみの-よりもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-958 平安時代中期の神職,歌人。
大中臣能宣(よしのぶ)の父。天慶(てんぎょう)2年伊勢神宮祭主となる。のち従四位下。三十六歌仙のひとりで,能宣・輔親(すけちか)・伊勢大輔(たいふ)とつづく大中臣家歌人。「拾遺和歌集」などに和歌がある。家集に「頼基集」。天徳2年70歳余で死去。2年前の天暦(てんりゃく)10年73歳で死亡とする説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android