コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大中臣頼基 おおなかとみの よりもと

1件 の用語解説(大中臣頼基の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大中臣頼基 おおなかとみの-よりもと

?-958 平安時代中期の神職,歌人。
大中臣能宣(よしのぶ)の父。天慶(てんぎょう)2年伊勢神宮祭主となる。のち従四位下三十六歌仙ひとりで,能宣・輔親(すけちか)・伊勢大輔(たいふ)とつづく大中臣家歌人の祖。「拾遺和歌集」などに和歌がある。家集に「頼基集」。天徳2年70歳余で死去。2年前の天暦(てんりゃく)10年73歳で死亡とする説もある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大中臣頼基の関連キーワード岡本保足有国(1)小野景光感世惟高佐分清円小弐玉祖惟高源兼忠(1)元平親王

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone