大中臣頼基(読み)おおなかとみの よりもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大中臣頼基 おおなかとみの-よりもと

?-958 平安時代中期の神職,歌人。
大中臣能宣(よしのぶ)の父。天慶(てんぎょう)2年伊勢神宮祭主となる。のち従四位下。三十六歌仙のひとりで,能宣・輔親(すけちか)・伊勢大輔(たいふ)とつづく大中臣家歌人の祖。「拾遺和歌集」などに和歌がある。家集に「頼基集」。天徳2年70歳余で死去。2年前の天暦(てんりゃく)10年73歳で死亡とする説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android