コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢大輔 いせのたいふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊勢大輔
いせのたいふ

平安時代中期の女流歌人。父大中臣輔親 (おおなかとみのすけちか) ,祖父大中臣能宣 (よしのぶ) ,曾祖父頼基 (よりもと) もすぐれた歌人。高階成順 (たかしなのなりのぶ) と結婚,歌人康資王母 (やすすけおうのはは) を生んだ。寛弘5 (1008) 年頃に一条天皇中宮彰子 (しょうし) のもとに出仕,後年には白河天皇の傅育 (ふいく) の任にもあたった。『後拾遺集』以下の勅撰集に 50首余入集。家集伊勢大輔集』がある。多くの歌合に出詠。歌人としての活動期は長く,寛弘5年前後成立の『後十五番歌合』から康平3 (60) 年志賀僧正九十賀の祝歌に及ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いせ‐の‐おおすけ〔‐おほすけ〕【伊勢大輔】

平安中期の女流歌人。大中臣輔親(おおなかとみのすけちか)の娘。上東門院彰子に仕え、紫式部和泉式部らと親交を結んだ。生没年未詳。家集に「伊勢大輔集」がある。いせのたゆう。

いせ‐の‐たゆう〔‐タイフ〕【伊勢大輔】

いせのおおすけ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

伊勢大輔【いせのたいふ】

平安中期の歌人。生没年不詳。大中臣輔親(おおなかとみのすけちか)の女(むすめ)。父が伊勢の祭主で神祇官の大輔だったため,この名がある。一条天皇中宮彰子のもとに1008年より出仕した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊勢大輔 いせのたいふ

?-1062? 平安時代中期の歌人。
大中臣輔親(おおなかとみの-すけちか)の次女。寛弘(かんこう)5年ごろ中宮(ちゅうぐう)彰子(上東門院)につかえ,歌才をみとめられる。高階成順(たかしなの-なりのぶ)と結婚,四条宮筑前らを生んだ。中古三十六歌仙のひとりで,「後拾遺和歌集」などの勅撰集に五十余首のる。康平5年?死去。「いせのおおすけ」ともよむ。家集に「伊勢大輔集」。
【格言など】いにしへの奈良の都の八重桜今日九重ににほひぬるかな(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊勢大輔

生年:生没年不詳
平安時代の歌人。大中臣能宣の孫,輔親の娘。寛弘5(1008)年ごろ,20歳前後で中宮彰子の女房として出仕。献上された八重桜の受け取り役を紫式部から譲られ,「いにしへの奈良の都の八重桜けふ九重ににほひぬるかな」の一首をとっさに詠んで歌才を認められた。やがて高階成順と結婚,康資王母などを生んだ。和泉式部,赤染衛門,源経信などと交流を持ち,藤原頼通の時代には永承4(1049)年内裏歌合など多くの歌合に出詠。ながく後宮歌壇の中心として活躍,大中臣家の和歌の伝統を子孫に伝えた。『後拾遺集』以下の勅撰集に入集。家集『伊勢大輔集』がある。<参考文献>保坂都『大中臣家の歌人群』

(山本登朗)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いせのたいふ【伊勢大輔】

平安中期の女流歌人。生没年不詳。1060年(康平3)以後高齢で没した。伊勢の祭主で神祇伯となった大中臣輔親(おおなかとみのすけちか)の女。1008年(寛弘5)のころ,一条天皇の中宮彰子に仕える。〈いにしへの奈良の都の八重桜今日九重ににほひぬるかな〉(《詞花集》)は,興福寺の僧が奈良の八重桜を中宮に献じたとき,先輩の女房の紫式部から取入れ役を譲られて新参の伊勢大輔が詠んだ名歌である。高階成順(たかしなのなりのぶ)と結婚し,康資王母,筑前乳母,源兼俊母をもうける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いせのおおすけ【伊勢大輔】

〔「いせのたゆう」とも〕 平安中期の女流歌人。伊勢の祭主大中臣輔親おおなかとみのすけちかの女むすめ。能宣よしのぶの孫。高階成順たかしななりのぶの妻となり康資王母を生む。上東門院彰子に仕えて、歌壇での活躍は50年間に及んだ。生没年未詳。家集「伊勢大輔集」

いせのたゆう【伊勢大輔】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊勢大輔
いせのたいふ

生没年不詳。平安中期の女流歌人で中古三十六歌仙の一人。大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ)の孫、輔親(すけちか)の娘。1008年(寛弘5)ごろ中宮彰子(しょうし)のもとに出仕、このおり、奈良の僧から献じた八重桜を、「今年の取り入れ人は今参りぞ」と紫式部に促されて詠んだ一首「いにしへの奈良の都の八重桜けふ九重に匂(にほ)ひぬるかな」によって、一躍歌才を認められた。以後、上東門院彰子の側近として、1032年(長元5)上東門院菊合(きくあわせ)より1056年(天喜4)に至る公私の歌合に活躍、多くの賀歌、屏風歌(びょうぶうた)を残した。歌風は縁語、懸詞(かけことば)を駆使した技巧に特色がある。夫高階成順(たかしななりのぶ)との間に康資王母(やすすけおうのはは)らの優れた歌人をもうけ、温厚な人柄から一時、貞仁(さだひと)親王(白河天皇)の傅育(ふいく)を嘱されたこともある。1060年(康平3)志賀僧正90歳の賀歌を最後に、まもなくかなりな高齢で没したらしい。家集に雑纂(ざっさん)、類纂大別2種の『伊勢大輔集』がある。[犬養 廉]
『保坂都著『大中臣家の歌人群』(1972・武蔵野書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

伊勢大輔の関連キーワード清水寺(きよみずでら 京都市)ナラノヤエザクラ後拾遺和歌集大中臣頼基後撰和歌集四条宮筑前古本説話集藤原通俊少将井尼藤原親子三才女五歌仙源資通ナシ乗蓮