コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保一丘 おおくぼ いっきゅう

1件 の用語解説(大久保一丘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保一丘 おおくぼ-いっきゅう

?-1859 江戸時代後期の画家。
遠江(とおとうみ)(静岡県)横須賀藩のお抱え絵師として活躍。司馬江漢,高森観好とふかい交流があり,洋風画の影響をうけ,とくに「真人図」と称される人物画に独自の画境をしめした。安政6年11月10日死去。七十余歳。名は好古,好徳。字(あざな)は敏夫。通称は惣次郎。別号に伯隣,王江頻。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大久保一丘の関連キーワード光の科学史シーボルト難波抱節地向斜マジェンタの戦いの後のイタリア陣営岸沢式佐種の起源コムスン春一番点字

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone