コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保七郎右衛門 おおくぼ しちろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保七郎右衛門 おおくぼ-しちろうえもん

1801-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
享和元年生まれ。下総(しもうさ)結城(ゆうき)郡(茨城県)菅谷(すぎのや)村の名主国学砲術をおさめる。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の筑波(つくば)挙兵にくわわり,大砲隊長兼武器奉行となる。水戸藩内抗争をきらい横浜の外国人襲撃を目ざすが,幕兵や民兵に追われ,同年9月6日自刃(じじん)。64歳。名は忠教。通称は別に兵助。号は真菅

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android