コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保家次 おおくぼ いえつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保家次 おおくぼ-いえつぐ

?-1521 戦国時代の武士。
肥前宇久(うく)氏(のちの五島氏)の家臣。永正(えいしょう)4年宇久囲(かこむ)が妹婿の玉之浦納(おさむ)の反乱にあい辰の口城で自害したとき,嗣子の盛定をたすけて平戸松浦氏のもとにのがれる。18年盛定にしたがって納を討ったが,同年4月4日戦死。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大久保家次の関連キーワード戦国時代

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android