コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松浦氏 まつらうじ

4件 の用語解説(松浦氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松浦氏
まつらうじ

平安時代以来,肥前松浦 (まつら) 地方に勢力をふるった一族で,嵯峨源氏を称した。海賊水軍として活躍して松浦党と呼ばれた。のち鎌倉御家人となり,その一流松浦隆信は天正 15 (1587) 年豊臣秀吉にくだり,関ヶ原の戦いには東軍に属し,本領肥前平戸を安堵され近世大名に発展,平戸藩主として明治にいたり,伯爵。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

松浦氏【まつらうじ】

近世大名。肥前(ひぜん)平戸藩主。松浦一族の峯氏の子孫。松浦一族は嵯峨源氏の末裔と伝え,源姓で一字名であるのが特徴。平安時代に中央から下向し松浦(まつうら)地方(現佐賀県東・西松浦郡,長崎県北松浦郡)に土着,宇野御厨の贄人(にえびと)として活動。
→関連項目松浦荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

まつらうじ【松浦氏】

〈まつうら〉とも読む。肥前国(長崎県)平戸藩主。中世に松浦地方で同族組織を形成した松浦党に出自をもち,北松浦郡と壱岐国を領有する戦国大名に発展した。1587年(天正15)豊臣秀吉に本領を安堵され,近世大名となった。石高は6万3200石,のち旗本分知により6万1700石となる。1689年(元禄2)平戸新田藩(1万石)を創設した。初代藩主鎮信(しげのぶ)(法印)以降11代を経て明治維新を迎えた。のち伯爵。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松浦氏
まつらうじ

嵯峨源氏(さがげんじ)の子孫と称する肥前国(ひぜんのくに)松浦(まつら)郡(佐賀県東松浦(ひがしまつうら)郡・西松浦郡、長崎県南松浦郡・北松浦郡)に居住した一族の呼称。源姓で一字名を名のることを特徴とする。平安時代から松浦地方に土着したことから、松浦氏を姓とした。その始祖を、1069年(延久1)摂津国渡辺荘(わたなべのしょう)(大阪市)から肥前国宇野御厨検校(うののみくりやけんぎょう)として下向してきた源久(ひさし)とする説があるが信じがたい。平安末には武士化して、郡内各地に割拠し、それぞれの土着した土地名を姓とした。しかし松浦氏一族であるとの意識を有しており、土着した地名に基づく姓のかわりに松浦氏を名のることもあった。とくに南北朝時代以降は、土地名による姓の上に松浦を付すことによって、松浦一族を強調することが行われるようになり、本来松浦一族でない松浦地方の住人まで松浦一族と称することになった。戦国時代、平戸(ひらど)松浦氏が勢力を伸長して周辺の在地勢力を統一し、1587年(天正15)豊臣秀吉(とよとみひでよし)によって、それまで支配していた所領を安堵(あんど)された。江戸幕府成立後、石高(こくだか)6万3200石の近世大名となり、平戸に居城を構えた。明治以後、伯爵を与えられた。[瀬野精一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松浦氏の言及

【松浦氏】より

…〈まつうら〉とも読む。肥前国(長崎県)平戸藩主。中世に松浦地方で同族組織を形成した松浦党に出自をもち,北松浦郡と壱岐国を領有する戦国大名に発展した。1587年(天正15)豊臣秀吉に本領を安堵され,近世大名となった。石高は6万3200石,のち旗本分知により6万1700石となる。1689年(元禄2)平戸新田藩(1万石)を創設した。初代藩主鎮信(しげのぶ)(法印)以降11代を経て明治維新を迎えた。のち伯爵。…

【壱岐島】より

…こうして波多氏の支配は弱体化し,かわって日高氏の勢力が台頭した。しかし日高氏も戦国大名化することができず,71年(元亀2)日高氏,立石氏などが平戸の松浦隆信の家臣となったことによって,壱岐は平戸松浦氏の支配下に入った。その後松浦氏は対馬宗氏と対立関係におちいり,84年(天正12)には壱岐の兵船が対馬三根郡を攻撃し,86年2月にも対馬仁位郡を攻撃したが,いずれも撃退された。…

【肥前国】より

…竜造寺氏は肥前国に進出してきた大友氏に対抗するため大内氏に接近し,さらに大内氏滅亡後は毛利氏と結び,肥前各地の土豪を征服し,戦国大名として急速に発展した。このほか後藤氏,波多氏,松浦氏大村氏有馬氏などの諸豪族が輩出したが,78年(天正6)ごろには竜造寺隆信によってほぼ肥前全域は平定された。ところが有馬氏を討つため島原半島に上陸した隆信は,島津・有馬連合軍との合戦で84年3月戦死した。…

【平戸藩】より

…肥前国(長崎県)北松浦郡平戸に藩庁を置いた外様中藩。藩主は松浦氏。6万1700石。…

※「松浦氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松浦氏の関連キーワード松浦鎮信松浦松浦港長崎県長崎市飽の浦町長崎県長崎市大浦町長崎県北松浦郡長崎県長崎市小浦町長崎県佐世保市松浦町長崎県長崎市松が枝町長崎県南松浦郡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松浦氏の関連情報