コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保忠保 おおくぼ ただやす

美術人名辞典の解説

大久保忠保

江戸後期の大名。下野烏山藩主。東京住。相模小田原藩主大久保氏の支族。大久保忠成の子。号は恪堂。歌・画を能くした。著書に『開化新題歌集』等がある。嘉永(1848)歿、58才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保忠保 おおくぼ-ただやす

1791-1848 江戸時代後期の大名。
寛政3年5月27日生まれ。大久保忠成(ただしげ)の子。文政10年下野(しもつけ)(栃木県)烏山(からすやま)藩主大久保家6代となる。二宮尊徳に依頼して報徳仕法(しほう)(財政再建法)を実施した。嘉永(かえい)元年10月7日死去。58歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大久保忠保の関連キーワード大久保忠美松平忠誠

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android