コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保忠保 おおくぼ ただやす

美術人名辞典の解説

大久保忠保

江戸後期の大名。下野烏山藩主。東京住。相模小田原藩主大久保氏の支族。大久保忠成の子。号は恪堂。歌・画を能くした。著書に『開化新題歌集』等がある。嘉永(1848)歿、58才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保忠保 おおくぼ-ただやす

1791-1848 江戸時代後期の大名。
寛政3年5月27日生まれ。大久保忠成(ただしげ)の子。文政10年下野(しもつけ)(栃木県)烏山(からすやま)藩主大久保家6代となる。二宮尊徳に依頼して報徳仕法(しほう)(財政再建法)を実施した。嘉永(かえい)元年10月7日死去。58歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大久保忠保の関連キーワード大久保忠美松平忠誠