コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保忠成(読み)おおくぼ ただなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保忠成 おおくぼ-ただなり

?-1672 織豊-江戸時代前期の武士。
大久保忠世の4男。大久保忠隣(ただちか)の弟。徳川家康につかえ,小田原攻め,大坂の陣など数おおくの戦いで軍功をたてる。寛永10年駿府(すんぷ)城代となった。寛文12年1月18日死去。

大久保忠成 おおくぼ-ただしげ

1766-1851 江戸時代後期の大名。
明和3年5月24日生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)宇都宮藩主松平忠恕(ただひろ)の3男。大久保忠喜(ただよし)の養子。文化2年下野烏山(からすやま)藩主大久保家5代となる。谷文晁(ぶんちょう)に画をまなんだ。嘉永(かえい)4年1月21日死去。86歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android