コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大井上輝前 おおいのうえ てるちか

2件 の用語解説(大井上輝前の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大井上輝前 おおいのうえ-てるちか

1848-1912 明治時代の官吏。
嘉永(かえい)元年10月22日生まれ。釧路集治監典獄(所長)をへて,明治24年北海道集治監の初代典獄となる。原胤昭(たねあき)などクリスチャン教誨師(きょうかいし)を多数採用し,受刑者の人権保護や感化につとめた。27年御真影不敬事件で退官後,札幌区会(現市議会)議長。明治45年1月14日死去。65歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。前名は米倉晋平,井上千城。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大井上輝前

没年:明治45.1.14(1912)
生年:嘉永1.10.22(1848.11.17)
明治期の北海道樺戸集治監初代典獄。伊予(愛媛県)大洲藩士の子。明治維新前にアメリカに留学。明治2(1869)年,箱館府弁官に任官。対露渉外事務に当たる。同16年内務省監獄局に転属。同18年釧路集治監典獄。看守を全国公募し有馬四郎助らを抜擢。アトサヌプリ鉱山での囚人の惨状に際し,鉱山労働を禁止したのをはじめ,人道的遇囚に努力。教誨師に原胤昭,留岡幸助ら基督教徒を採用。同27年不敬事件を理由に典獄を非職となるまで,宗教教育を取り入れるなど監獄改良に尽力。退官後,札幌区議会議長。監獄に野球や草競馬を導入した。<参考文献>重松一義『北海道行刑史』

(篠崎恭久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大井上輝前の関連キーワード留岡幸助伊予節奥宮健之集治監典獄北海道開発の行政組織東海林力蔵武市安哉月形潔渡辺惟精

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone