コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴今人 おおともの いまひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴今人 おおともの-いまひと

?-? 平安時代前期の官吏。
備前・備中(びっちゅう)(岡山県)か,備後(びんご)(広島県)の国守であったとき,部下の河原広法と大水路を掘削農民は彼をたたえ水路を伴渠とよんだ。弘仁(こうにん)2年(811)出羽守(でわのかみ)のとき蝦夷(えみし)攻めに功をたて征夷副将軍となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大伴今人の関連キーワード備前官吏