コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴熊凝 おおともの くまこり

1件 の用語解説(大伴熊凝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴熊凝 おおともの-くまこり

714-731 奈良時代の官吏。
和銅7年生まれ。肥後(熊本県)の人。相撲使(すまいのつかい)をつとめる国司にしたがって奈良へむかう途上,天平(てんぴょう)3年6月安芸(あき)(広島県)佐伯郡高庭の駅家で両親のことを気づかいながら病死した。18歳。麻田陽春(あさだの-やす)と山上憶良(やまのうえの-おくら)がかわってその思いをよんだ歌が「万葉集」にみえる。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大伴熊凝の関連キーワード731部隊年齢大原桜井ピピン大伴安麻呂不法行為全国の待機児童小説氷点住吉祭青森空襲

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone