コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻田陽春 あさだの やす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

麻田陽春 あさだの-やす

?-? 奈良時代の官吏。
百済(くだら)(朝鮮)の滅亡により亡命してきた答〓(“火へん”に「本」)春初(とうほん-しゅんしょ)の子。神亀(じんき)元年(724)麻田をあたえられる。大宰大典(だざいのだいさかん)のときの歌など4首が「万葉集」巻4,5に,漢詩1首が「懐風藻」におさめられている。56歳で死去。姓は浅田ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

麻田陽春

生年:生没年不詳
8世紀前半の官人,文人。氏は浅田とも記す。百済からの亡命者答〓春初 の子であろう。はじめ答本と称したが,神亀1(724)年麻田連を賜姓。このとき正八位上。天平3(731)年に従六位上で,同11年外従五位下に昇る。天平2,3年ごろ大宰府(太宰府市)に大典として在任し,大宰府長官大伴旅人上京の際に餞として詠んだ歌など4首を『万葉集』にのこす。『懐風藻』に近江守藤原仲麻呂の詩に和した五言詩1首を載せ,それには外従五位下石見守とある。仲麻呂の近江守在任期間からみて,天平17年から天平宝字8(764)年にかけてのことであろう。56歳で没した。

(今泉隆雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あさだのやす【麻田陽春】

奈良時代の文官,詩人,歌人。生没年不詳。帰化系答本(とうほ)氏の出身で,はじめ答本陽春と称したが,724年(神亀1)麻田連の姓を賜る。730年(天平2)冬,大宰大典として大宰府にあり,大伴旅人や山上憶良らと交わり,《万葉集》に短歌4首,《懐風藻》に漢詩1首を残す。739年外従五位下,晩年石見守に任ぜられ56歳で没す。〈大和辺に君が立つ日の近づけば野に立つ鹿もとよみてぞ鳴く〉(《万葉集》巻四)。【蔵中 進】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

麻田陽春の関連キーワード大伴熊凝奈良時代官吏

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android