コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴道足 おおともの みちたり

2件 の用語解説(大伴道足の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴道足 おおともの-みちたり

?-741 奈良時代の公卿(くぎょう)。
大伴馬来田(まくだ)の子。一説に大伴安麻呂の子。讃岐守(さぬきのかみ),弾正尹(だんじょうのいん),民部大輔(たいふ)などをへて,天平(てんぴょう)3年参議,南海道鎮撫使(ちんぶし)となる。7年右大弁のとき阿倍帯麻呂(あべの-おびまろ)らの殺人事件に関し処理の不手際をとがめられたが,のちゆるされた。正四位下。天平13年死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大伴道足

生年:生没年不詳
奈良時代の官人。壬申の乱(672)で活躍した馬来田の子。伯麻呂の父。慶雲1(704)年従五位下に昇る。和銅1(708)年讃岐守に任じ,弾正尹,民部大輔などを歴任。長屋王の変(729)の際,弾正尹従四位下で臨時に参議とされ,のち正四位下,右大弁となる。天平2(730)年,勅により擢駿馬使として大宰府(太宰府市)に赴き,大宰府の長官大伴旅人の家で歓迎された。3年諸司の挙によって参議に任じ,南海道鎮撫使となる。7年には右大弁正四位下として,太政官にあって訴えを処理しなかった罪に座したが,詔により許された。参議正四位下で没したことが伯麻呂の伝にみえる。天平13(741)年没とする説もある。

(佐藤信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大伴道足の関連キーワード壬申の乱朴井雄君大伴馬来田高田新家田中足麻呂文塩麻呂村国志我麻呂若桜部五百瀬和珥部大石和珥部君手

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone