コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴馬来田 おおともの まくだ

2件 の用語解説(大伴馬来田の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴馬来田 おおともの-まくだ

?-683 飛鳥(あすか)時代の武人。
大伴咋(くい)の子。大伴吹負(ふけい)の兄。壬申(じんしん)の乱では大海人(おおあまの)皇子(のちの天武天皇)にしたがった。そのときの武勲と先祖の功績により,天武天皇12年6月3日死去に際して大紫の位をおくられた。名は望多とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大伴馬来田

没年:天武12.6.3(683.7.2)
生年:生年不詳
7世紀後半の官人。吹負の兄。道足の父。望多とも書く。壬申の乱(672)に際し弟吹負と共に病を称して倭(大和)の家に退出し,大海人皇子(のちの天武天皇)側についてその東国行に従った。没すると天武は大いに驚き,その勲功や大伴氏の功を称えて大紫位を贈り,特に鼓吹を発して葬送させた。壬申の乱の功により100戸の食封を賜っており,のち大宝1(701)年中功の功封と位置づけられた。

(佐藤信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大伴馬来田の言及

【大伴氏】より

…日本古代の中央有力豪族。姓は連(むらじ)で,684年(天武13)以後宿禰(すくね)となった。伴(とも)は朝廷の各種の職務を世襲的に奉仕する集団で,大伴とは,伴の大いなる者,あるいは多くの伴を支配する伴造(とものみやつこ)の意であろう。記紀の伝承では,天孫降臨のおり,遠祖天忍日命(あめのおしひのみこと)が武装して先導し,神武東征のおりにも,遠祖日臣命(道臣命)が大和への道を先導したという。おそらく4~5世紀の大和政権の発展期に,朝廷の諸機能にたずさわる伴の管理者として成長し,ことに軍事的統率者として頭角を現したものと思われる。…

※「大伴馬来田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大伴馬来田の関連キーワード摂関時代靫負の命婦大伴談坂合部大分坂合部唐佐味少麻呂高坂王調淡海調老人漆部兄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone