コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六歌仙 ろっかせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六歌仙
ろっかせん

平安時代前期に生存した遍昭在原業平文屋康秀喜撰法師小野小町大伴黒主の6人の歌人を一括していう呼称。『古今和歌集』の仮名,真名両序で6人の名をあげ,歌風を批評してから,初めていわれるようになった。個性的で傑出した歌人が多く,『古今集』のなかで,詠み人知らずの時代と撰者の時代との間にあって,特色ある歌風を形成して,一時期を画している。

六歌仙
ろっかせん

歌舞伎舞踊曲。本名題『六歌仙容彩 (うたあわせすがたのいろどり) 』。五変化物。変化物のうち唯一,全曲が一貫して残る。松本幸二作,10世杵屋六左衛門,1世清元斎兵衛作曲。天保2 (1831) 年江戸中村座初演。2世中村芝翫が,僧正遍昭 (大薩摩,現在は義太夫) ,文屋康秀 (清元) ,在原業平 (長唄) ,喜撰法師 (清元,長唄の掛合) ,大伴黒主 (長唄,大薩摩) の5役を演じた。先行作1世嵐雛助の『化粧 (よそおい) 六歌仙』 (寛政1〈1789〉) の改作で,物語を省略し,5人の歌人が小野小町を次々に口説きに来るという明快な演出となった。「遍照」の渋さ,軽妙な「文屋」,優雅な「業平」,飄々とした「喜撰」,そして貫録をみせる「黒主」と展開する変化が味わい深い。特に「文屋」では小町を陰の存在とし,色好みの公家と官女がからむ洒脱な踊りをみせ,「喜撰」では,小町の代りに茶汲み女を出し,ちょぼくれなどの街頭芸を花咲く祇園で繰広げて変化をつける。近年はこの「文屋」と「喜撰」の場面が単独で上演されることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

六歌仙【ろっかせん】

古今和歌集》の仮名序紀貫之が論評した平安初期の6人の歌人。僧正遍昭在原業平,文屋(ふんや)康秀,喜撰法師,小野小町大友黒主をいう。《万葉集》から《古今集》への過渡期を代表する歌人たち。
→関連項目歌仙切紙

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

六歌仙

『古今和歌集』で紀貫之が論評した平安初期の歌人。▽在原業平、僧正遍昭、喜撰法師、大伴黒主、文屋康秀、小野小町

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

六歌仙(ろっかせん)

山形県、六歌仙酒造協業組合の製造する日本酒。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろっかせん【六歌仙】

《古今和歌集》の序に論評された6人の歌人。《万葉集》の後,和歌の道はまったくおとろえていたが,その時期に〈いにしへの事をも歌をも知れる人,よむ人多からず。……近き世にその名きこえたる人〉としてあげられた僧正遍昭在原業平文屋康秀喜撰法師小野小町大友黒主,の6人のこと。序の筆者紀貫之より1世代前の人々で《古今集》前夜の代表的歌人として《古今集》時代の和歌の隆盛を導いた先駆者たちである。それぞれの個性は明白であるが,共通の特色は真率(しんそつ)でわかりやすく,技巧が少なく,この人々によって和歌史上の一時期が形成された9世紀後半は〈六歌仙時代〉といわれる。

ろっかせん【六歌仙】

歌舞伎舞踊。義太夫,長唄,清元。本名題《六歌仙容彩(すがたのいろどり)》。1831年(天保2)3月,2世中村芝翫(のちの4世歌右衛門),2世岩井粂三郎(のちの6世半四郎)ほかにより江戸中村座初演。作詞松本幸二。作曲10世杵屋六左衛門,初世清元斎兵衛。振付2世藤間勘十郎,4世西川扇蔵中村勝五郎。僧正遍照,在原業平,文屋康秀,喜撰法師,大伴黒主を踊り分ける五変化で,それぞれが小野小町(《喜撰》では茶汲女,《文屋》では陰の存在)に思いを寄せるが受け入れられない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ろっかせん【六歌仙】

古今集の序に名をあげられた六人の歌人。在原業平ありわらのなりひら・僧正遍昭そうじようへんじよう・喜撰法師・大友黒主・文屋康秀・小野小町。
を主題とした絵。
の人物が足を出したり膝を立てたりしていることから、行儀の悪いさま。 「その品々の座住居いずまいは-めく唄妓の気まま/人情本・辰巳園
を主題とした歌舞伎舞踊の通称。「化粧よそおい六歌仙」「六歌仙容彩すがたのいろどり」「六歌仙狂画墨塗きようがのすみぬり」など。
歌舞伎舞踊の一。長唄・清元・義太夫・大薩摩。五変化舞踊。本名題「六歌仙容彩すがたのいろどり」。松本幸二作詞。1831年江戸中村座初演。平安時代の六歌仙を江戸の世界に移して舞踊化したもの。現在は「文屋」「喜撰」が独立して上演されることが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六歌仙
ろっかせん

『古今(こきん)和歌集』の序文で「近き世にその名聞えたる人」として批評された、僧正遍昭(そうじょうへんじょう)、在原業平(ありわらのなりひら)、文屋康秀(ふんやのやすひで)、喜撰(きせん)法師、小野小町(おののこまち)、大伴黒主(おおとものくろぬし)の9世紀中葉の六歌人に対する後世の呼称。このうち家集があり歌人としての活躍が認められるのは遍昭、業平、小町で、他の3人は歌人としての実績に乏しく伝記も不明な点が多い。『古今集』序文で、遍昭「歌のさまはえたれどもまことすくなし」、業平「その心あまりてことばたらず」、康秀「ことば巧みにてそのさま身におはず」と評されている。喜撰は、歌学書『倭歌(わか)作式』(喜撰式)の作者に仮託されており、「わが庵(いほ)は都のたつみしかぞ住む世をうぢ山と人はいふなり」の一首が残されて、「ことばかすかにしてはじめをはり確かならず」とされている。小町評は「あはれなるやうにて弱からず」。黒主は近江(おうみ)国の地主で滋賀郡大領(だいりょう)、『古今集』ほかに10首ほどの歌がみえ、「そのさまいやし」とされる。この六歌仙を倣ったものに「新六歌仙」「続六歌仙」などがある。[杉谷寿郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の六歌仙の言及

【古今和歌集】より

…詩は中国では士大夫の必須の教養であったが,撰者は和歌にそれと同様の位置を与えようとしたのである。集中の作者はすべて127人,代表的歌人は4人の撰者のほか,六歌仙(僧正遍昭,在原業平,文屋康秀,喜撰法師,小野小町,大友黒主),伊勢,素性法師らがあげられる。〈読人しらず〉の作は全体で6割に達し,おおむね伝承歌的な色彩があり,かなり古い時代の作を含んでいると考えられる。…

【六歌仙】より

…序の筆者紀貫之より1世代前の人々で《古今集》前夜の代表的歌人として《古今集》時代の和歌の隆盛を導いた先駆者たちである。それぞれの個性は明白であるが,共通の特色は真率(しんそつ)でわかりやすく,技巧が少なく,この人々によって和歌史上の一時期が形成された9世紀後半は〈六歌仙時代〉といわれる。技巧が少ないことはかえって内容の充実を意味し,藤原定家はその著《近代秀歌》に〈詞は古きをしたひ,心は新しきを求め,及ばぬ高き姿をねがひて,寛平以往の歌にならはば,おのづからよろしきこともなどか侍らざらむ〉と注意すべき見解を述べている。…

※「六歌仙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

六歌仙の関連キーワード中村歌右衛門(四代目)みちのく六歌仙後京極良経遍昭・遍照三十六人集小出正胤藤原敏行内山椿軒大地響山形県竹返し手間暇

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六歌仙の関連情報