コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大俗 ダイゾク

デジタル大辞泉の解説

だい‐ぞく【大俗】

僧でない世俗の人。
「―の身で、そのやうな事がなるものか」〈虎明狂・花子
非常に俗っぽいこと。
「こんな手妻のきいた料理よりか、やっぱり―に葱の白根と鴨沢山に」〈滑・続膝栗毛・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいぞく【大俗】

(僧に対して)世俗の人。また、非常に俗なこと。 「 -の身でそのやうな事がなるものか/狂言・花子」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大俗の関連キーワード狂言世俗

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android