コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白根 しらね

9件 の用語解説(白根の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白根
しらね

山梨県西部,甲府盆地の西方にある地域。旧町名。 1954年巨摩町,西野村,今諏訪村,百田村が合体して成立。 1959年源村を編入。 2003年に八田村,芦安村,若草,櫛形,甲西の各町と合併して南アルプス市となった。西部は巨摩山地で,御勅使 (みだい) 川の扇状地におもな集落がある。乏水地で,古くは牧がおかれ,明治時代まではムギ,タバコ,ワタなどの栽培が行なわれていた。大正時代に養蚕の発達とともにサクランボ,温室メロンの栽培が始まり,甲府盆地西部の果樹栽培地帯の中心地域に発展。現在はサクランボ,モモ,スモモなど多角的果樹栽培地域として知られるようになった。綿繰りの伝統を生かした製糸,メリヤスの工場が立地するほか,電機機器関連の工場もある。甲州商人の発祥地。

白根
しろね

新潟県中部,新潟市中南部の旧市域。新潟平野の中央にある。 1955年白根町と新飯田村,庄瀬村,臼井村,大郷村,鷲巻村,根岸村,小林村,茨曽根村の8村が合体。 1959年市制。 2005年新潟市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い大部分は南区の一部となった。信濃川とその支流中ノ口川の間に位置し,近世は溝口藩のもとで市場町,中ノ口川の河港として繁栄。水稲単作地帯を背景にした商業中心地で,農産物の集散地。仏壇,鎌を特産。金属・プラスチック製品などもつくられる。6月上旬に行なわれる 300年の歴史を有する凧合戦は有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しら‐ね【白根】

植物の茎や根の、地中にある白い部分。しろね。

しろ‐ね【白根】

シソ科の多年草。池や沼などの水辺に生え、高さ約1メートル。地下茎は白く、茎は四角柱。夏から秋に、葉のわきに白い唇形の小花が群がって咲く。
ネギをいう女房詞

しろね【白根】

新潟県中部にあった市。蒲原(かんばら)穀倉地帯の中心をなす米どころ。6月の大凧(おおだこ)合戦は有名。平成17年(2005)3月、新潟市に編入。→新潟

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しらね【白根】

植物の茎や根の土中にある白色部分。

しろね【白根】

シソ科の多年草。湿地や水辺に生える。茎は四角柱状で、高さ1メートル 内外。葉は広披針形。夏、葉腋ようえきに白色の小唇形花を数個ずつ束生する。地下茎はやや太くて白く、食用となる。
野菜などの根の、地中にある白い部分。
〔女房詞〕 ネギ。

しろね【白根】

新潟市の地名。新潟平野中央部の穀倉地帯で、果樹栽培も盛ん。六月の大凧おおだこ合戦は有名。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白根の関連情報