コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白根 しらね

9件 の用語解説(白根の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白根
しらね

山梨県西部,甲府盆地の西方にある地域。旧町名。 1954年巨摩町,西野村,今諏訪村,百田村が合体して成立。 1959年源村を編入。 2003年に八田村,芦安村,若草,櫛形,甲西の各町と合併して南アルプス市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

白根
しろね

新潟県中部,新潟市中南部の旧市域。新潟平野の中央にある。 1955年白根町と新飯田村,庄瀬村,臼井村,大郷村,鷲巻村,根岸村,小林村,茨曽根村の8村が合体。 1959年市制。 2005年新潟市に編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しら‐ね【白根】

植物の茎や根の、地中にある白い部分。しろね。

しろ‐ね【白根】

シソ科の多年草。池や沼などの水辺に生え、高さ約1メートル。地下茎は白く、茎は四角柱。夏から秋に、葉のわきに白い唇形の小花が群がって咲く。
ネギをいう女房詞

しろね【白根】

新潟県中部にあった市。蒲原(かんばら)穀倉地帯の中心をなす米どころ。6月の大凧(おおだこ)合戦は有名。平成17年(2005)3月、新潟市に編入。→新潟

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しらね【白根】

植物の茎や根の土中にある白色部分。

しろね【白根】

シソ科の多年草。湿地や水辺に生える。茎は四角柱状で、高さ1メートル 内外。葉は広披針形。夏、葉腋ようえきに白色の小唇形花を数個ずつ束生する。地下茎はやや太くて白く、食用となる。
野菜などの根の、地中にある白い部分。
〔女房詞〕 ネギ。

しろね【白根】

新潟市の地名。新潟平野中央部の穀倉地帯で、果樹栽培も盛ん。六月の大凧おおだこ合戦は有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白根の関連キーワードきゅっときりっとげろさらっと生来すかっとぷりぷり

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白根の関連情報