コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大八木三郎右衛門 おおやぎ さぶろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大八木三郎右衛門 おおやぎ-さぶろうえもん

1827-1863 幕末の武士。
文政10年生まれ。豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)勘定奉行。文久3年外国船砲撃事件について長門(ながと)萩(はぎ)藩を問責する幕府の使者と朝陽丸に同乗。関門海峡で萩藩兵が小倉藩士の引き渡しを要求してきたため,幕府使者に迷惑をかけまいと,同年7月27日自刃(じじん)。37歳。本姓は大場。名は清倫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大八木三郎右衛門の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝芹沢鴨エンゲルスマネ中島名左衛門カニングアーベルカニングシュトラウス

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android