コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内持世 おおうち もちよ

2件 の用語解説(大内持世の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大内持世 おおうち-もちよ

1394-1441 室町時代の武将。
明徳5年2月21日生まれ。大内義弘の子。永享4年弟持盛との家督争いに勝利し周防(すおう),長門(ながと),豊前(ぶぜん),筑前(ちくぜん)の守護となる。5年持盛を豊前篠崎で,少弐(しょうに)満貞を筑前秋月でほろぼす。つづいて大友氏,少弐氏を攻め九州北部を掌握。嘉吉(かきつ)元年赤松満祐(みつすけ)が足利義教を暗殺した時,その場にいて重傷を負い7月28日没した。48歳。幼名は安幸丸,九郎。通称は大内介。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大内持世

没年:嘉吉1.7.28(1441.8.14)
生年:応永1(1394)
室町時代の武将。幼名九郎。官途は刑部少輔,修理大夫。義弘の子。永享3(1431)年の盛見の死後,九州に渡って少弐・大友勢と戦う。翌年,大内持盛との家督争いに勝利し,周防・長門・豊前の守護職を継承。中国,九州の奉公衆や国人を率いて少弐・大友討伐を行い,永享5(1433)年8月に筑前秋月城で少弐満貞を討ち,同8年には豊後姫岳城の大友持直を没落させた。翌9年1月,周防に帰国。11年に将軍足利義教から上洛命令を受けたが,これに従わず,安芸国の所領一所を没収された。同年に朝鮮使節が来日したことを利用し,翌12年2月に対立する少弐氏の満貞の遺子嘉頼の赦免を幕府に認めさせ,上洛した。嘉吉1(1441)年の義教暗殺の場に同席し,そのとき受けた傷がもとで死去。

(佐伯弘次)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大内持世の言及

【大内氏】より

…中世の西中国の雄族(図)。百済聖明王第3子琳聖太子が周防国多々良浜に着岸,聖徳太子より大内県を采邑とし多々良の姓を賜ったと伝える。鉄製錬技術をもち半島から帰化した氏族であろう。12世紀中葉から周防在庁の有力者で盛房以来周防権介を世襲し大内介と称した。13世紀後半惣領家は在国司ほかの要職を,庶家の問田(といた)・右田(みぎた)・鷲頭(わしず)の諸家も在庁の要職を保持し,同時に鎌倉御家人で六波羅評定衆。…

※「大内持世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大内持世の関連キーワード三淵宗薫北小路俊孝大内盛見安芸守家荒井治部少輔大館持房駒井信盛斯波氏経土佐光周山内首藤通忠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone