コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分水嶺山脈 ダイブンスイレイサンミャク

世界大百科事典 第2版の解説

だいぶんすいれいさんみゃく【大分水嶺山脈 Great Dividing Range】

オーストラリア大陸東部に南北にのびる山脈。グレート・ディバイディング・レーンジともいう。古生層中生代から第三紀にかけて隆起したもので,同大陸の三大地形区分の一つである東部高地を形成する。ヨーク岬(クイーンズランド州北端)からグランピアン山地(ビクトリア州西部)に至る1~数列の大小の分水界からなる。降水量分布への影響など,一定の重要性はあるが,名称は実際の山容に比べていささか誇大である。平均標高はわずか900m前後で,1000m以上の高地はオーストラリア・アルプスやニューイングランド山脈など一部に限られ,大部分では高さ数百mの山地,丘陵,台地が断続的に連なるにすぎない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大分水嶺山脈
だいぶんすいれいさんみゃく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大分水嶺山脈の関連キーワードニュー・サウス・ウェールズ[州]オーストラリア・アルプスクイーンズランド[州]マランビジー[川]ビクトリア[州]ブルー[山脈]ヨーク岬半島マレー[川]トゥウンバダーリング脊梁山脈

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android