コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分水嶺山脈 ダイブンスイレイサンミャク

3件 の用語解説(大分水嶺山脈の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だいぶんすいれい‐さんみゃく【大分水嶺山脈】

グレートディバイディング山脈

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だいぶんすいれいさんみゃく【大分水嶺山脈 Great Dividing Range】

オーストラリア大陸東部に南北にのびる山脈。グレート・ディバイディング・レーンジともいう。古生層が中生代から第三紀にかけて隆起したもので,同大陸の三大地形区分の一つである東部高地を形成する。ヨーク岬(クイーンズランド州北端)からグランピアン山地(ビクトリア州西部)に至る1~数列の大小の分水界からなる。降水量分布への影響など,一定の重要性はあるが,名称は実際の山容に比べていささか誇大である。平均標高はわずか900m前後で,1000m以上の高地はオーストラリア・アルプスニューイングランド山脈など一部に限られ,大部分では高さ数百mの山地,丘陵,台地が断続的に連なるにすぎない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大分水嶺山脈
だいぶんすいれいさんみゃく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大分水嶺山脈の関連キーワードオーストラリアオーストラリア区オーストラリア抗原オーストラロイド五大州オーストララシアオーストラリア亜区西オーストラリア南オーストラリアオーストラリア大陸横断鉄道

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone