大動脈弁(読み)だいどうみゃくべん(英語表記)aortic valve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大動脈弁
だいどうみゃくべん
aortic valve

上行大動脈の起始部にあり,左心室から押出された血液の逆流を防ぐ働きをしている半月弁をいう。右半月弁,左半月弁,後半月弁または無冠半月弁の3弁尖から成り,内側に大動脈洞 (バルサルバ洞) が形成される。大動脈弁狭窄症閉鎖不全症を起すことがあり,その場合は僧帽弁の場合と同様,弁置換術などの外科的治療が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大動脈弁【だいどうみゃくべん】

大動脈が心臓の左心室から出る部分にある弁。肺動脈弁と同じく3枚の半月形の弁膜からなり,半月弁とも呼ばれる。血液が出る際には開くが,大動脈から血液が心臓へ逆流しようとすれば,閉じてこれを防ぐ。
→関連項目肺動脈弁半月弁

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の大動脈弁の言及

【心臓】より

…これらの先端から多数のひも状の腱索が扇状に広がり,僧帽弁の弁尖に付着する。心室中隔の上部で大動脈弁輪に連なる部分は一部筋肉を欠き厚い結合組織の膜(膜性中隔)だけとなる。
[右心室right ventricle]
 側壁は左心室の壁のほぼ1/3(3~5mm)の厚さにとどまり,横断面でみると半月状に心室中隔の右側に付着する。…

※「大動脈弁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大動脈弁の関連情報