大医(読み)たいい

精選版 日本国語大辞典「大医」の解説

たい‐い【大医】

〘名〙
① ひじょうにすぐれた医師。名医
日蓮遺文‐妙法曼陀羅供養事(1273)「末代の一切衆生はいかなる大医、いかなる良薬を以てか可治」
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)五立「類稀なる御病根、典薬大医は申に不及〈略〉明経・明法・神祇伯奉幣しきりに」 〔後漢書‐桓栄〕
② 仏語。仏の異称。〔法苑珠林‐三〇〕
③ 典薬(てんやく)の唐名。〔運歩色葉(1548)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android