大原 孫三郎(読み)オオハラ マゴサブロウ

20世紀日本人名事典の解説

大原 孫三郎
オオハラ マゴサブロウ

大正・昭和期の実業家,社会・文化事業家 倉敷紡績社長。



生年
明治13(1880)年7月28日

没年
昭和18(1943)年1月18日

出生地
岡山県倉敷市

学歴〔年〕
東京専門学校(現・早大)中退

主な受賞名〔年〕
紺綬褒章大正9年〕,勲三等瑞宝章〔昭和5年〕

経歴
家業を継ぎ倉敷紡績に入り、明治39年社長に就任。また、倉敷銀行(のち中国銀行)を設立し、金融、電力、電鉄、倉庫など関連事業も手がけ、大正15年には倉敷レイヨン(のちクラレ)を設立し、繊維事業の多角化に先鞭をつけた。これらの合理的経営により関西財界第一の実力者となる。一方、大正8年に私財を投じた大原社会問題研究所は、高野岩三郎森戸辰男櫛田民蔵らを中心に労働運動研究のメッカとなり、ほかに大原農業研究所、倉敷労働科学研究所なども設立。また昭和5年に日本最初の本格的美術館である大原美術館を建設、西洋名画を収集し、児島虎次郎や川島理一郎ら洋画家を保護。ほかに岡山孤児院、倉敷中央病院、倉敷奨学金の設立にあたるなど、文化事業家、社会事業家としての功績は名高い。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

大原 孫三郎 (おおはら まごさぶろう)

生年月日:1880年7月28日
大正時代;昭和時代の実業家。倉敷紡績社長
1943年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大原 孫三郎の関連情報