コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森戸辰男 もりとたつお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森戸辰男
もりとたつお

[生]1888.12.23. 広島
[没]1984.5.28. 東京
経済学者。 1914年東京大学経済科卒業,16年同大学助教授。 19年経済学部独立を機に発刊された機関誌『経済学研究』に発表した論文『クロポトキンの社会思想の研究』で朝憲紊乱 (ぶんらん) の罪に問われ (→森戸事件 ) ,翌年母校を辞し,大原社会問題研究所に入り,ヨーロッパに留学。帰国後も同研究所に属して論壇で活躍。第2次世界大戦後日本社会党の結成に参加,入党,46年以降衆議院議員に3回当選,片山,芦田両内閣の文相として戦後の教育改革の実施責任者となったのをはじめ,中央教育審議会委員,会長などの要職をつとめ,50~63年広島大学学長,63~72年日本育英会会長などを歴任。 71年文化功労者。主著『思想と闘争』『平和革命の条件』 (1950) など多数。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もりと‐たつお〔‐たつを〕【森戸辰男】

[1888~1984]社会学者。広島の生まれ。大正9年(1920)論文「クロポトキンの社会思想の研究」が危険思想の宣伝とされ投獄。第二次大戦後、日本社会党の結成に参画、片山・芦田両内閣の文相を務めた。のち、中央教育審議会会長。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森戸辰男 もりと-たつお

1888-1984 大正-昭和時代の社会学者,政治家。
明治21年12月23日生まれ。母校東京帝大の助教授となるが,論文「クロポトキンの社会思想の研究」が問題とされ大正9年辞職(森戸事件),大原社会問題研究所にはいる。昭和21年衆議院議員(当選3回,社会党)。片山・芦田両内閣の文相。のち広島大学長,中央教育審議会会長。46年文化功労者。昭和59年5月28日死去。95歳。広島県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もりとたつお【森戸辰男】

1888~1984) 社会学者・政治家。広島県生まれ。東大経済学部助教授の職にあった1920年(大正9)、論文「クロポトキンの社会思想の研究」が危険思想とされて下獄、大学も追われた(森戸事件)。第二次大戦後、日本社会党に入党し、片山・芦田両内閣の文相。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森戸辰男
もりとたつお
(1888―1984)

経済学者。広島県出身。東京帝国大学卒業後、1916年(大正5)同経済学科(のち経済学部)助教授となったが、20年森戸事件で新聞紙法違反の罪に問われ、助教授の職を追われた。21年大原社会問題研究所所員となり、約2年間ドイツに留学、帰国後は同所員として活動しながら、労働者教育にも携わり、いまや大学は「顛落(てんらく)」したと主張して河合(かわい)栄治郎らと論争した。無産運動に対しても発言している。敗戦後には日本社会党に参加して46年(昭和21)衆議院議員に当選し、当選3回、党内右派の理論的指導者となる。47~48年の片山哲(てつ)・芦田均(あしだひとし)両内閣の文部大臣を務め、六三制の実施や教育委員会公選制の制定にあたった。50年広島大学学長となり63年まで在任、55~71年には中央教育審議会委員となり、63年からは同会長として、中間答申「期待される人間像」や戦後教育改革の「再改革」を唱えた最終答申の作成に取り組み、いわゆる中教審路線の推進者となった。[赤澤史朗]
『森戸辰男著『遍歴八十年』(1976・日本経済新聞社) ▽森戸辰男著『思想の遍歴』上下(1972、1975・春秋社) ▽森戸辰男著『クロポトキンの社会思想の研究』(1988・黒色戦線社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の森戸辰男の言及

【大原社会問題研究所】より

…大原は初代所長高野岩三郎を信頼して,20年にわたって私財を投じつづけた。高野のもとに,櫛田民蔵,大内兵衛,森戸辰男,久留間鮫造,細川嘉六,笠信太郎らが所員となり,研究嘱託の長谷川如是閑ほか多くの研究者が参加し,日本の社会科学研究・社会調査に大きな貢献をした。アナーキズム文献では世界有数の〈エルツバッハ文庫〉や,年鑑編集のため社会運動団体の原資料などを収集したほか,講習会や研究生の育成も行った。…

【森戸事件】より

…東京帝国大学経済学部助教授森戸辰男(1888‐1984)が同学部紀要《経済学研究》の創刊号論文《クロポトキンの社会思想の研究》によって新聞紙法の朝憲紊乱罪違反に問われ,1920年1月に起訴され,禁錮2ヵ月・罰金70円に処せられた筆禍事件。紀要編集発行名義人の助教授大内兵衛も禁錮1ヵ月・罰金20円(執行猶予2年)の刑をうけた。…

※「森戸辰男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

森戸辰男の関連キーワード教育刷新委員会ジュースミルヒ大原 孫三郎佐々木 惣一江草 重忠朝憲紊乱高田慎吾昭和時代機関誌黎明会下獄

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

森戸辰男の関連情報