コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児島虎次郎 こじま とらじろう

美術人名辞典の解説

児島虎次郎

洋画家。岡山県生。東美校卒。フランス・ベルギーで印象派を学び、サロン=ナショナル、サロン=デ=チュイルリーの会員となる。のち大原美術館より委嘱され作品の大部分を収集した。帝展審査員。昭和4年(1929)歿、47才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こじま‐とらじろう〔‐とらジラウ〕【児島虎次郎】

[1881~1929]洋画家。岡山の生まれ。印象派的な画風を示す。大原孫三郎依嘱により渡欧して美術品を収集し、大原美術館の基礎を作った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児島虎次郎 こじま-とらじろう

1881-1929 明治-大正時代の洋画家。
明治14年4月3日生まれ。同郷岡山県の大原孫三郎の援助で渡欧,帰国後も毎年パリのサロンに出品し,大正9年サロン-ソシエテ-ナショナル正会員。倉敷の大原美術館のコレクションに協力した。昭和4年3月8日死去。49歳。東京美術学校(現東京芸大)卒。代表作に「情の庭」「ベゴニヤの畠(はたけ)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こじまとらじろう【児島虎次郎】

1881~1929) 洋画家。岡山県生まれ。印象派の画風を示し、「ベゴニヤの畠」「酒津の秋」などの作品を残す。大原孫三郎の委嘱を受けて渡欧、のちに大原美術館の基礎となる作品を収集した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

児島虎次郎
こじまとらじろう
(1881―1929)

洋画家。岡山県生まれ。1904年(明治37)東京美術学校西洋画科を卒業し、1907年の東京府勧業博覧会で『里の水車』が一等賞、『情の庭』は宮内省買い上げとなる。翌1908年渡仏し、ソシエテ・ナシオナルのサロンにたびたび出品のほか、ベルギーのガン美術学校を首席で卒業、欧州各地を見学旅行し、1912年帰国する。その後1919~1921年、1922~1923年、実業家大原孫三郎の委嘱で渡欧して美術品を収集し、後の大原美術館の基礎をつくった。光風会会員、フランスのソシエテ・ナシオナル会員、帝展審査員。明るい彩調の印象主義画風を示し、『ベゴニヤの畠(はたけ)』『酒津(さかづ)の秋』『手鏡をもつ女』ほかがある。1972年大原美術館に児島虎次郎記念館が開設された。[小倉忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の児島虎次郎の言及

【大原美術館】より

…世界的な視野で収集された展示品は,海外でもつとに知られている。実際にヨーロッパで収集にあたったのは洋画家児島虎次郎(1881‐1929)である。2人の信頼と友情によって,今日では不可能とされるエル・グレコ《受胎告知》をはじめゴーギャン《かぐわしき大地》やロートレック《マルトX夫人の肖像》など数々の作品を収集。…

【大原孫三郎】より

…現在は労働科学研究所)を創設して,多数の新進有能の学者らを招き,労働問題の究明に貢献した。また第1次大戦後児島虎次郎に委嘱してヨーロッパの近代絵画を収集し,30年大原美術館を創設,文化都市倉敷の基礎をきずいた。【加藤 幸三郎】。…

※「児島虎次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

児島虎次郎の関連キーワード岡山県倉敷市本町高梁市成羽美術館児島虎次郎記念館大原美術館本館大原 孫三郎高梁(市)大正時代児島矩一吉田苞成羽児島

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

児島虎次郎の関連情報