大口六兵衛(読み)おおぐち ろくべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大口六兵衛 おおぐち-ろくべえ

1847-1906 明治時代の新聞記者,戯作(げさく)者。
弘化(こうか)4年3月22日生まれ。明治9年愛知日報社にはいり,のち「愛知新聞」「名古屋絵入新聞」など各紙に関係,不二廼舎(ふじのや)高根筆名で新聞小説もかく。11年ごろから「青柳新紙」「転愚叢談(てんぐそうだん)」を発行して滑稽(こっけい)文学や脚本などを発表した。明治39年9月18日死去。60歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android