コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大口鯛二 おおぐち たいじ

美術人名辞典の解説

大口鯛二

歌人・国学者。名古屋生。名は直良、号に周魚・良岑・旅師・白樫舎等。伊東祐命・高崎正風らに歌を学ぶ。御歌所寄人に任ぜられた。歌風は平明で、繊細な中に清新の趣がみられる。大正9年(1920)歿、57才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大口鯛二 おおぐち-たいじ

1864-1920 明治-大正時代の歌人。
元治(げんじ)元年4月7日生まれ。高崎正風らにまなび,明治39年御歌所(おうたどころ)寄人(よりゅうど)となる。和歌の普及のために千種会(ちくさかい)をつくった。「大口鯛二翁家集」がある。古筆研究家としても著名。大正9年10月13日死去。57歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。号は周魚,白檮舎(しらかしのや)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大口鯛二の関連キーワード江戸 さい子大谷 籌子江戸さい子大口 鯛二青木 穠子清岡 覚子青木穠子及川 貞大正時代大谷籌子安東菊子清岡覚子尾上柴舟大口周魚常磐会大口晨元治歌人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android