コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄人 よりゅうど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄人
よりゅうど

(1) 荘園において,荘園から他領へ出作した農民を他領では寄人といった。荘園の一円支配 (→一円知行 ) の体制が進むにつれて消滅。

(2) 平安時代の朝廷の諸官衙,鎌倉,室町幕府の政所 (まんどころ) ,問注所などにおかれ,一般庶務に従事した職名。 (→雑訴決断所 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

より‐うど【寄人】

よりゅうど(寄人)

より‐びと【寄人】

よりゅうど」に同じ。
寄坐(よりまし)」に同じ。
「―は今ぞ寄り来る」〈謡・葵上

よりゅうど〔よりうど〕【人】

平安時代以後、記録所御書所などに置かれた職員。庶務・執筆などのことをつかさどった。
平安時代以後、朝廷の和歌所に置かれた職員。和歌の選定にあずかった。召人(めしゅうど)。
居住する荘園の領主以外の権門(けんもん)社寺や貴族などに従属した荘民。年貢荘園領主に納め、雑役は別の所属領主のために勤めた。
鎌倉室町幕府政所(まんどころ)問注所侍所に置かれた職員。執事のもとで、執筆などの雑務に当たった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

よりうど【寄人】

(1)平安時代以来,朝廷の官衙である記録所・御書所・和歌所,院文殿(いんのふどの),後院や,鎌倉幕府の公文所・政所・問注所,室町幕府の政所・問注所・侍所などにおかれた職員のこと。和歌所寄人は和歌の選定をつかさどり,召人(めしうど)と呼ばれたが,それ以外の寄人は事務能力に熟達したものが選ばれ,庶務,執事などを担当した。幕府関係の寄人は,問注所寄人が問注所公人(くにん)とも呼ばれたように,公人とも呼ばれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よりうど【寄人】

〔「よりゅうど」とも〕
平安時代以後、朝廷の記録所・和歌所あるいは幕府の政所・問注所・侍所に配属された職員の名称。いずれも事務練達の者から選ばれ、庶務・執筆の任にあたった。
平安後期、公領・荘園の住民で直属の支配者以外の公家・社寺と身分関係を結び、二元的な貢納関係をもった者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寄人
よりゅうど

(1)平安から室町時代にかけて、朝廷の官衙(かんが)である記録所(きろくじょ)、和歌所(わかどころ)、御書所(ごしょどころ)や院の文殿(ふどの)、また鎌倉・室町幕府の政所(まんどころ)、問注所(もんちゅうじょ)、侍所(さむらいどころ)、地方奉行(じかたぶぎょう)などに置かれた職員の名称。明法(みょうぼう)・文章道(もんじょうどう)をつかさどる下級官僚出身者が多く、管轄事務に優れていた。なお和歌所の寄人は召人(めしうど)ともよばれた。(2)国衙(こくが)領・荘園(しょうえん)において、身柄を官衙、貴族、寺社に属した有力農民で、属した権門(けんもん)によって大膳職陶器(だいぜんしきすえき)寄人、大歌所十生供御人(おおうたどころじゅうしょうぐごにん)、院の召次(めしつぎ)、摂関家大番舎人(おおばんとねり)、神人(じにん)などとよばれた。所当官物(しょとうかんもつ)・年貢は国衙、荘園領主に出すが、雑公事(ぞうくじ)は免除され、代償として属した権門に主として非農業部門の奉仕を行った。このような寄人の出現は、平安末期から畿内(きない)近国を中心にしておこった有力農民層の「神人・寄人化闘争」の結果によるものである。これは国衙、荘園領主、在地領主などの支配強化に対抗して、有力農民層が他の権門の寄人、神人となることにより自立化を目ざしたものである。(3)「寄作人(きさくにん)」のことで、荘園領主に招集され、荘園の耕作や未墾地の開発を行った。[山田安利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の寄人の言及

【中世社会】より

…この動きの背景には,田畠に対する平民の権利の強化・安定があったのであり,しだいに動揺・形骸化する荘園公領制のもとに,新たな自治的な村落が成長してくるのである。
【職人】
 このような平民に対し,みずからの身につけた職能を通じて,天皇家,摂関家,仏神と結びつき,供御人(くごにん),殿下細工寄人(よりうど),神人(じにん)などの称号を与えられて奉仕するかわりに,平民の負担する年貢・公事課役を免除されたほか,交通上の特権などを保証され,その一部は荘園・公領に給免田畠を与えられることもあった職能民を,ここでは職人と規定しておく。
[遍歴する非農業民]
 中世社会には農業以外の生業に主として携わる非農業民(原始・古代以来の海民,山民,芸能民,呪術的宗教者,それに商工民など)が少なからず生活していた。…

【平民】より

…また公民の籍帳から外れた浮浪人も平民とはみなされなかったが,浮浪帳に編付され調庸を負担している浮浪人は,弘仁年間(810‐824)の太政官符により水旱不熟の年には平民に準じて調庸が免除されることになった。やがて籍帳による支配の崩壊にともなって公民と浪人の区別がなくなり,公田を請け負って経営する大小の田堵(たと)百姓らが一般に公民,平民と呼ばれるに至り,荘民・寄人(よりうど)や下人(げにん)・所従(しよじゆう)との区別が生まれてくる。寛徳・延久の荘園整理令(1045,69)は公民の荘民化について,〈平民おのれを顧みる者〉とか〈恣(ほしいまま)に平民を駈(か)り〉と述べ,また荘園側も〈平民に準じて方々色々の雑役を充て責める〉,荘民は〈平民公田の負名ではない〉と反論したことにみられるように,当時の平民は荘民と区別された公民を意味した。…

【右筆方】より

…後者の場合は前者の一部分,すなわち御前奉行を指す。また右筆各人は政所,侍所,神宮方,地方(じかた)などの各部局にも配属され,〈政所寄人(よりうど)〉などと称されて区別された。要するに彼ら奉行人は,機会に応じて意見機関に集められるとともに,平常は各部局の寄人としての地位を保っており,執事代,開闔が彼らの到達しうる最高ポストであった。…

※「寄人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寄人の関連キーワード本居豊穎・本居豊頴鎌田 正夫千葉 胤明寄人・神人梨壺の五人二階堂貞藤二階堂行政脇屋義助加藤義清二階堂氏遠山稲子大口鯛二名和長年清原清定中原師利高倉光守坂上明宗足立遠元斎藤基恒須川信行

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android