コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大名養子制 だいみょうようしせい

1件 の用語解説(大名養子制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大名養子制
だいみょうようしせい

江戸時代の大名家督相続の一形態。大名に嫡出,庶出いずれの相続人もないか,または死去した場合に幕府の許可を求めて行われるもので,養父が主として自分と同姓の最近親者の惣領でない子を迎える通例の養子のほか,養父が自分の嫡出または庶出の娘に婿として迎える婿養子,主として自分の実弟を養子とする順養子,養父が重病危篤の際,特に願いにより許される末期 (まつご) 養子 (急養子ともいう) ,大名が公用などで遠出するとき万一の場合をおもんぱかってあらかじめ幕府に願い出ておき,帰任後解消する仮養子 (当分養子ともいう) などの別があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大名養子制の関連キーワード駕籠訴表大名仮養子大名預け外様大名廃嫡方角火消し身分相続池田邦照黒田直英

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone