同姓(読み)ドウセイ

精選版 日本国語大辞典の解説

どう‐せい【同姓】

〘名〙
① 同じ一族。同じやから。同族。⇔異姓
※史記抄(1477)四「晉は唐叔虞が后ぢゃほどに、唐叔は武王の弟で周の同なり」 〔史記‐魯周公世家〕
② 同じ姓。おなじ苗字(みょうじ)。同苗。⇔異姓
※続日本後紀‐承和元年(834)一二月乙未「諸陵少允正六位上中科宿禰直門、左少史従七位下同姓継門等」 〔礼記‐曲礼上〕
③ 江戸時代、本家を同じくする末家どうし、またはその一分家から他の分家をさしていう。
④ 江戸時代、親類縁者のうち、男系の血族をいう。
※禁令考‐前集・第一・巻三・寛文三年(1663)八月五日「同姓之弟、同甥、同従弟、同また甥に並従弟、此内を以て、相応之者を撰べし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の同姓の言及

【家】より

…大名では近世初期には,次男,三男が幕府から新しい封禄を与えられて分家する者もまれではなかったが,しだいに減少し,後には分家によって独立することはほとんどなくなり,嫡子のほかは養子になって他家を相続する者が増加する。養子は同姓のうちでなるべく近親から選ぶのが原則であったが,後期になると他姓から選ぶことも普通になった。ことに一般の武士のなかには,庶民の子弟を相続者とすることもあり,形式上では他の武士の養子として迎えるなどの方法をとった。…

※「同姓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同姓の関連情報